胸郭出口症候群の鍼灸治療本文へスキップ

胸郭出口症候群 鍼灸 大阪 淀川区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

胸郭出口症候群thoracic outlet syndrom

胸郭出口症候群の女性 胸郭出口症候群は、長時間のデスクワークを毎日続けている方に発症しやすい疾患です。胸郭出口症候群が発症しやすい年齢としては20〜30歳代と考えられています。特に、猫背の傾向が強い方に多く、両肩のラインより頭の位置が前にでてしまっている方に胸郭出口症候群は発症しやすい特徴があります。
さらに、マウス操作をしたり字を書いたりするなどの作業が長時間続く事で、主に使われる首の前の筋肉や胸の筋肉が硬くなってしまい、頸椎(首の骨)や鎖骨の運動が障害されてしまいます。その結果、胸郭出口症候群のリスクはさらに高まってしまいます。
 胸郭出口症候群の症状が現れた方は早期に治療を開始するように心がけましょう。

 胸郭出口症候群の症状

 胸郭出口症候群の症状は、首〜肩、腕〜手の指先に現れます。
 首から肩の症状としては肩こり・首こりが多くの場合で現れます。この肩こりは、自覚症状がある場合とない場合があります。ですが、共通して異常なまでに筋肉が硬くなっています。症状が強い場合には、首や肩の筋肉だけではなく背中の筋肉が硬くなっていることもあります。
 このような症状に加えて手にしびれや冷感、脱力感があるのが胸郭出口症候群の特徴です。さらに、血流の低下から手の色が蒼白になることもあります。これは、デスクワークを行っている時やバスや電車で吊皮をもっている時等に認められる事が多くあります。症状がひどくなれば、手のしびれや冷感によって仕事が続けられなくなることもあります。また、寝る時の姿勢によって手がしびれる事もあります。
 その他、頭痛や吐き気が現れる方もいらっしゃいます。 

 胸郭出口症候群になりやすい方

胸郭出口症候群になりやすい方には特徴があります。
1.猫背
2.なで肩
3.長時間のデスクワーク
4.慢性的な肩こり
5.顎関節症の症状がある
これらの症状がある場合には、胸郭出口症候群になりやすい傾向があります。

 胸郭出口症候群の病態

斜角筋症候群 胸郭出口症候群は、斜角筋・小胸筋によって鎖骨下動脈が圧迫されてしまう事によって発症する病気です。さらに、肋骨と鎖骨の間を通過する際に鎖骨下動脈が圧迫されてしまい発症する事もあります。稀ではありますが、先天的に第7頸椎に肋骨がある頸肋によって発症する事もあります。
 胸郭出口症候群はその原因によって斜角筋によって圧迫された場合を斜角筋症候群、小胸筋によって圧迫された場合を過外転症候群、肋骨を鎖骨の間で圧迫された場合を肋鎖症候群、頸肋によって圧迫された場合を頸肋症候群と呼びます。

斜角筋症候群

 右上のイラストをご覧ください。これは斜角筋症候群の状態を表しています。赤線は鎖骨下動脈を表しています。鎖骨下動脈は、前斜角筋、中斜角筋、鎖骨でつくられる斜角筋隙(しゃかくきんげき)を腕神経叢(腕を支配する神経の固まり)と共に通過します。その際に前斜角筋と中斜角筋によって鎖骨下動脈が圧迫された状態を斜角筋症候群と呼びます。
過外転症候群

過外転症候群

 右のイラストをご覧ください。過外転症候群の状態を表しています。赤線は鎖骨下動脈を表しています。鎖骨下動脈は斜角筋隙を通過後に、鎖骨の下を通り肩甲骨の烏口突起と第3・第4・第5肋骨の間にある筋、小胸筋の下を通過して腕に向かいます。
 過外転症候群とは、この小胸筋によって鎖骨下動脈が圧迫されてしまう状態をいいます。


 胸郭出口症候群治療

 胸郭出口症候群の治療で鍼灸治療の適応となるのは斜角筋症候群と過外転症候群です。これらの症候群に対しては鍼灸治療が効果的です。
 鍼灸治療では、斜角筋や小胸筋を緩める事によって鎖骨下動脈の圧迫を取り除き胸郭出口症候群による症状の緩和を目指します。

 治療費 5400円
 ※初診時には初診料が別途2160円必要です。
 ※担当希望(女性スタッフ希望)などがありましたら、お電話の際にお伝えください。ただし、院長の指  名はできません。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしております。