手の太陰肺経本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

手の太陰肺経

太陰肺経 肺の重さは三斤三両あって6葉と2つの端の耳を合わせて8葉です。四方に垂れ下がって車の上に張る傘の形をしています。背中の第3椎に付着し、中は24空に分かれています。諸臓の氣を分布し、諸臓の上にあって諸臓をおおっています。

 黄帝内経素問には、西方は燥を生じ燥は金を生じ金は辛を生じます。辛の味は肺を養いますが、辛の味は氣に走りますので多く食すると氣が上逆して肺を苦しめます。肺氣が盛んであれば皮毛に栄養分を運び養い皮毛は肺に通じて肺の子である腎を養います。
肺は竅を鼻に開き天にある時は燥となし、地にある時は金となし身体にある時は皮毛となし臓にある時は肺となします。

 憂い過ぎると肺は傷つきます。また、喜びは火の位で肺に対して相尅となります。熱も火であり皮毛は肺熱になると通調水道の役目が不可能になります。寒は水の位で火の位の熱をとる事が出来ます。肺の子である腎は火に負けることになります。また、肺は『相傅の官治節出るなり』とあります。これは、肺は相傅の官と呼ばれて君主を補う働きがあり物事の調節をする役目がある事をさします。

 肺は氣の根元であり精神活動を行うところです。肺は身体の上部にあって陽部にありますが、陰の初めの太陰経んい属し陽中の太陰となします。また、肺気が虚してきますと夢に白い物が見られ、人を斬って血が騒いで乱雑となり夢に兵刃血戦を見ます。

 季節では秋の3カ月に応じます。肺は白金に象り水を得て沈みますが、肺は水を得て浮かぶとあるのはどうしてでしょうか?肺は、純金ではなく辛商で柄の柔です。大は陰と陽をいい、小は夫と婦を言います。釈は微陰です。昏くして火に就き意は火を楽して又陽道に行きます。だから肺は水を得て浮くのです。肺熱のものは復沈みます。辛は、庚に帰すからです。物は極まれば必ず反対になります。肺気の絶は皮毛を焦がし、肺氣が巡らなければ、氣を榮せずに津液を去り皮節を傷つけます。

手の太陰肺経の流注

肺手太陰之脈、起于中焦、下絡大腸、還循胃口、上膈属肺、従肺系横、出腋下、下循臑内、行少陰心主之前、下肘中、循臂内上骨下廉、入寸口、上魚、循魚際、出大指之端。

其支者従腕後直出次指内廉、出其端。


中焦 (中かんの部位) に起こり、下りて大腸を絡い、還りて胃口を循り、隔を上りて、肺に属す。肺系(肺と連続している気管、喉)より、横に腋下に出で、下りて臑内(上腕内側)を循り、少陰心主の前を行き、肘中を下り、臂内を循り、骨の下廉に上り、寸口に入り、魚に上り、魚際を循り、大指の端に出づ。
その支れたる者は、腕後より直ちに次指の内廉に出で、其の端に出づ。


 手の太陰肺経の経穴

経穴の部位及び効能

国際記号

名称

特殊穴

効 果

部 位

LU1

中府

肺経の募穴

清宣肺気

雲門穴の下1寸

LU2

雲門

  

宣調肺気

烏口突起の内縁、動脈拍動部

LU3

天府

 

宣通肺気
清熱涼血

上腕部、腋窩横紋前端から尺沢穴に向かい下3寸、上腕二頭筋の筋溝

LU4

侠白

 

通宣理肺

腋窩横紋前端から尺沢穴に向かい下4寸、尺沢穴の上5寸、上腕二頭筋の筋溝

LU5

尺沢

合水穴

清泄肺熱
粛降肺気

肘窩横紋上、上腕二頭筋腱の橈側

LU6

孔最

?穴

理気潤肺
清熱止血

前腕前橈側、太淵穴と尺沢穴の間

LU7

列缺

絡穴
任脈の宗穴

宣肺疏風
通経活絡

太淵穴の上1寸5分、動脈拍動部のやや橈側

LU8

経渠

経金穴

宣肺理気
止咳平喘

太淵穴の上1寸、動脈拍動部

LU9

太淵

兪土穴
原穴

きょ風清肺
止咳化痰

手関節前面横紋橈側端の陥凹部、動脈拍動部

LU10

魚際

榮火穴

清肺熱
利咽喉

第1中手指節関節の上、撓側陥凹部、表裏の肌目

LU11

少商

井木穴

清熱
利咽
回陽救逆

母指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分

手の太陰肺経の重要な機能は、『肺は全臓器に氣を送る』・『水分の代謝の最高中枢』作用です。この作用を高めることによって氣のめぐりを良くし全身の血液循環を改善します。そうする事で、体調の改善が可能です。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。