うつ病の投薬治療:SSRI本文へスキップ

SSRI

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

SSRI

SSRIは、選択的に神経シナプスにおけるセロトニン再取り込部位を阻害し、アセチルコリンやノルアドレナリンなど、それ以外の各種神経伝達物質受容体への親和性が極めて低いことから、三環系抗うつ薬で問題となる副作用である抗コリン作用がない特徴があります。また、心毒性も弱いために大量服薬時にも三環系抗うつ薬に比べ安全性が高いのも特徴です。
 このような理由から、SSRIはうつ病以外にも全般性不安障害(パニック障害・強迫性障害・その他)や月経前緊張症候群にも使用されることがあります。

 SSRIの副作用

吐き気
○食欲不振
○下痢
○頭痛
○不眠(眠気)
○長期投与による性障害(射精遅延)
○セロトニン症候群(軽躁、錯乱、発熱、痙攣など)

※過量服用で死に至るケースは少ない

 SSRIの薬品名

○フルオキセチン(プロザック)
○パロキセチン(パキシル)
○サ−トラリン(ゾロフト)

 SSRIの効果

抗うつ薬 再取り込阻害作用 受容体遮断作用
NA 5HT NA/5TH Ach α1 H1 5-HT1 5-HT2
フルボキサミン 0 +++ −−− 0 0 0 0 0
パロキセチン 0 +++ −−− 0 0 0 0 0
セルトラリン 0 +++ −−− 0 0 0 0 0

 その他

うつ病の投薬治療は、うつ状態をできるだけ完全に消失させることを目的に行います。そのために用いられる薬の一部がSSRIです。
うつ病の症状に合わせて薬が選択されます。そのため、うつ病だからといってSSRIが処方されるというわけではありません。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。