仙腸関節炎本文へスキップ

仙腸関節炎 大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

仙腸関節炎

仙腸関節炎 仙腸関節炎はレントゲンやCT、MRIなどの画像診断を行っても見つかることは少なく、原因不明の一般的な腰痛として扱われることが多くあります。その為、仙腸関節炎に対する治療開始が遅れ慢性的な経過をとることもあります。

 仙腸関節は非常に障害を受けやすい関節です。仙腸関節炎は骨盤のゆがみとは異なり、仙腸関節の関節腔が狭くなり動きがほとんどなくなってしまう事によって起こる障害です。この関節が障害されると、右のイラストの赤く塗っている場所が仙腸関節症炎の時に痛みがでやすい部位です。腰痛や足のしびれ、臀部の痛み、座ると太ももの裏が痛いなどの症状が代表的な症状です。 

また、座った時に坐骨(座った時にあたる骨)の部分に痛みが出ることがあります。このような場合は、仙腸関節だけの問題ではなく腰椎にも問題がある事が多くあります。年齢的には若い女性に多く、腰痛と足のしびれが半年以上続くと長期間この症状に悩まされていることもあります。

 仙腸関節炎は腰に釘をさしこまれるような痛みが現れ、立ち上がる時や中腰の姿勢がつらくなり足までシビレがでるようになる感覚があります。
 仙腸関節炎が発症しやすい状況として
 @片側だけの負荷
 A重たい物を持った状態で身体の捻り
 B中腰の姿勢で長い時間作業
 C腰を反った姿勢
 D仙腸関節捻挫後の慢性化
 等、仙腸関節の関節面に過剰な負荷がかかるため、仙腸関節周囲の筋肉が緊張し、腰から足にかけて痛みが発生します。

 この仙腸関節炎が慢性的に持続すると腰からお尻にかけての筋肉に過剰な負担がかかり骨盤と背骨の歪みを生じるため椎間板ヘルニアの発症や。筋肉に負担をかけ続けることにより、梨状筋症候群や中殿筋症候群が起きる可能性もあります。

 仙腸関節障害であれば片側の上後腸骨棘を中心とした仙骨外側縁のあたりの痛みで多くの人が太もも、ふくらはぎ、足までもシビレを訴えるのが特徴的です。これは椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛に同じにみえますが、痛みではなく、シビレ、ツッパリ感を強く感じてしまいます。シビレは明確な感覚の鈍痛でなく、椎間板ヘルニアのようにはっきりとした神経支配領域の痛みがありません。仙腸関節炎が急性期の痛みだけ改善する例もありますが、慢性的な経過に移行することが多くしつこい痛みで悩まされることが多い疾患でもあります。

 仙腸関節

仙腸関節仙腸関節は仙骨と腸骨の両耳状面の間にできる平面関節で、その関節面は線維軟骨でおおわれています。
 関節包は両方の骨の関節傍溝間に張り、関節腔は狭く裂隙状となります。

【関節包の付属靱帯】

・前仙腸靱帯:仙骨の外側部の前面上部から起こり、腸骨内面で関節面のまわりにつき、関節包の前面を補強します。

・短後仙腸靱帯:長後仙腸靱帯の前側にかくれ、外側仙骨稜から起こり、斜めに外側上方にむかって下後腸骨棘につきます。

・長後仙腸靱帯:第3、4仙椎に相当します。仙骨の外側縁から起こり、短後仙腸靱帯の表面を大きな斜面で外側上方にむかい上後腸骨稜につきます。

・骨間仙腸靱帯:腸骨粗面と仙骨粗面との間のせまい裂隙を見たし、両骨間に張ります。

 仙腸関節捻挫

仙腸関節捻挫 仙腸関節捻挫は、不意な体重のかけ方で骨盤を構成する靭帯や腱の炎症と仙腸関節面の動きや滑りが制限されている状態のことです。仙腸関節が動かなくなる状態は、例えばドアなどの引き戸が外れてしまい、引き戸が動かなくなった状態に似ており、これは少し亜脱臼したようなもので炎症が引いても痛みが長期にわたり残る場合もあります。時間とともに関節のズレや、歪みにも慣れてきますので痛みは改善しますが正常な歩き方ができなくなったり、腰が伸びなくなったりして不快な症状が残ることがあります。このような状態を放っておくと頻繁にギックリ腰を起こす可能性もあります。そして第5腰神経への刺激によっておこる腰部の広範囲にわたる鈍痛が伴います。そのほか、筋緊張、腰仙接合部での圧痛、体幹の動作制限などの症状が現れます。

 仙腸関節に付着する軟部組織が損傷すると、仙腸関節を支える機能が低下すると仙腸関節の可動域減少によって仙腸関節にゆがみが起こります。そうすると、仙腸関節の体を支える能力が弱くなり筋肉に対して過度な負担がかかるようになります。これが仙腸関節捻挫が慢性化しやすい原因です。

 問題となる筋肉としては腹筋群と背筋群、骨盤周りの筋肉など前後左右から支えている筋肉です。それらの筋肉群に負担がかかり続けることによって筋肉の耐久力が低下し、疲労の蓄積により徐々にこれらの筋肉の相互バランスを崩してしまい不安定となりぎっくり腰を起こしやすくなります。

急性仙腸関節捻挫
 重たい物を持って体を捻ったり中腰での長時間の作業などで、仙腸関節や靱帯に過剰な負荷が掛かってしまい関節や靱帯・周囲の筋肉に炎症を起こして痛みが発生します。この時の痛みは強く、痛む側の足で立つと、腰部〜おしりに痛みを感じます。痛める時は片側だけの場合が多くい傾向にあります。

慢性仙腸関節捻挫
 長期間にわたって同側片足の体重荷重や立ったままの姿勢・歩行・同一側の足組みなどで仙腸関節の位置が左右で異なり歪みが発生します。これにより負荷が掛かった側の仙腸関節が仙腸関節炎を起こし痛みが発生します。また、肥満や腰部の前弯が強い人(反り腰)・妊婦など仙腸関節に体重が不自然に掛かることで痛みが発生することもあります。痛みは強い鈍痛で、長期間にわたって痛みが出たり出なかったりと操り返すことが多いです。放っておくと鈍痛は強くなり、堪え難い重苦しさをもたらします。また慢性期の場合、両側の仙腸関節や腰のベルトより上の筋肉が痛むこともあります。

 仙腸関節炎治療の適応

腰痛女性・座っている時に仙腸関節に痛みが現れ座っていられない
・仰向けで寝ると仙腸関節部が痛む
・歩いている時に足が地面について体重が乗ったら痛い
・お尻の痛み
・お尻から足にかけて”ビリッ”と痛みが走る
・寝ていても痛い
・えぐられるような痛み、刺されるような痛み、切れるような痛みなどの鋭い痛みの足のしびれ
・慢性化している腰痛

 当院で治療を受けるメリット

 『仙腸関節炎の治療をどこで受けたらいいのかわからない』、『東洋医学治療センターで治療を受けるメリットは?』と思われている方も多いと思います。
このページでは、当院で治療を受けるメリットの御紹介です。

1.仙腸関節炎の原因がわかります。

 腰の状態が、どのようになってるか原因を骨格模型などを使ってわかりやすく説明します。

2.最新の仙腸関節炎治療

 当院は日本でトップクラスの治療の経験を持ちます。これまでの経験からの考察し最新のより良い効果的な治療を受ける事ができます。軽度の症状であればマニュアル的な方法で改善することが可能です。ですが、慢性化している症状や中等度以上の症状の場合にはあなたの身体の状態にあった治療を行うことが改善のためには必要です。例えばマッサージ。○○式等とついていても、身体の外部から刺激を加える圧力が違ったり施術者の手や足など行う場所が違うだけのことがほとんどで結果はどのマッサージと同じです。マッサージは肉体疲労の改善には役立つかもしれませんが腰痛の改善目的では無効と考えられています。

3.アフターフォローが充実

 仙腸関節炎を改善するためには、筋肉性・骨格の問題にそれぞれ対策を行う必要があります。そして、それぞれの問題によって日常のケアは異なります。当院では治療効果の維持と仙腸関節炎の再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

4.国家資格所持者による仙腸関節炎治療

 当院では、仙腸関節炎の治療にあたるスタッフは全て解剖学・生理学・運動学などを熟知した医療系の国家資格所持者です。無免許施術などの危険はありません。

5.全身バランスを考慮した仙腸関節炎治療

 仙腸関節炎の症状を改善するためには、全身の身体のバランスを考えなければいけません。当院では、仙腸関節炎の治療を行うに当たって全身のバランス、特に重心バランスの改善を考慮しながら治療を行っています。

6.高度な治療技術を提供

 豊富な仙腸関節炎の治療の経験と共に、常に研究・検証を重ね最新のより良い効果的な治療を受けられます。
 2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
 2015年7月 国連機関WHFから顕彰を受賞
 世界に認められた実力と自負しております。

7.日曜日診療

仕事に忙しくてなかなか治療を受ける事が出来ない方でも安心です。

8.安心の担当制・指名制

当院での施術は、全て担当制で行っています。また、担当者を指名することも可能です。
※症状によっては指名ができない症状もあります。ご了承ください。

 仙腸関節炎治療

当院では、仙腸関節症候群に対して鍼灸治療・整体療法を行っています。このページではそれぞれの治療法の特徴を簡単にご紹介いたします。

鍼灸治療

 鍼灸治療は、当院が自信を持ってお勧めする治療法です。
 仙腸関節症候群は、日常生活に問題を起こす可能性の高い症状です。その為、当院では痛みを軽減されることを第一に行います。鍼灸治療の特性として、痛みやシビレを軽減させる能力が高いことがあげられます。この特性を生かし、仙腸関節症候群の痛みを和らげます。その後、症状が軽減した後に仙腸関節症候群が再び起こらないように身体全体のバランスを改善します。この段階では、整体療法がお勧めです。

 当院で行っている鍼灸治療は、東洋医学概念を基本に西洋医学の良いところやこれまでの仙腸関節症候群治療経験を取り入れ、当院オリジナルの方法で行っています。

 仙腸関節症候群治療で使用する鍼(はり)は太さが0.2o前後の髪の毛と同じぐらいの太さの針を使用します。また、すべての鍼は使い捨ての鍼です。ご安心ください。

整体療法

 軽度の仙腸関節症候群の治療や予防、また、姿勢による仙腸関節症候群の治療を目的に行います。
 整体療法では、体のゆがみを矯正することによって正常なバランス、またスムーズな血液循環が確保できるように治療を行います。
 当院で行っている整体療法は、SOT、アクティベーター、ディバーシファイドテクニックを用いて行います。ただし症状によっては、これら方法の良い点だけを抽出した当院オリジナルの方法を行うこともあります。
 当院で行う整体療法は痛みがなく、すべて医療系国家資格所持者による治療法ですので安全です。ご安心ください。

仙腸関節炎治療の流れFlow

「仙腸関節治療ってどんな事をするんだろ?」
「どんな手順でするんだろ?」って不安ですよね。
初めて仙腸関節治療をお受けになる前に、安心して治療が受けられるように基本的な流れを記載します。

受付(1)問診票のご記入
問診票をご記入していただきます。
『痛みはいつからありますか?』
『痛めた原因はわかりますか?』
『足にしびれはありますか?』
『これまでの診断名は?』 など
問診票には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。
正確な情報をいただければ、その分改善までの時間が早まります。

カウンセリング(2)カウンセリング
記入していただいた問診票をもとに、
『いまどのような状態ですか?』
『どのような時に痛みがでますか?』
『どのような時に腰痛は楽ですか?』
『何か薬を飲まれていますか?』
『発症した時から比べて症状はいかがですか?』

などをお尋ねします。このカウンセリングによって治療計画を立てます。

(3)各種検査
 痛みの場合には、解剖学的・運動学的に分析し今現在の状態を把握し仮説をたてます。その仮説に基づいて検査を行います。仙腸関節炎の場合であれば、梨状筋症候群や腰部椎間板ヘルニア、筋筋膜性腰痛症、坐骨神経痛など多くの疾患の鑑別が必要となります。的確に判断いたしますのでお任せ下さい。 

説明(4)説明
 カウンセリングや各種検査をもとに、これから行う治療内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。


(5)仙腸関節炎治療
 仙腸関節炎治療というと、グイグイ押さえつけられるようなイメージがあると思います。
当院ではそのような危険な治療を行わず、ソフトな治療法で治療を行います。そのため、治療が怖かった方でも安心して仙腸関節炎治療を受けることができます。

(6)治療後の効果測定
 
ソフトな施術で、施術前と施術後の変化をすぐに体感でき皆様が楽しみにされています。仙腸関節炎治療では、腰痛の様々な原因に対応しております。

(7)説明
施術後に、日常生活での注意点や今後の治療方針、治療計画についてご説明いたします。
これまでの流れでわからないことがあればお気軽にご質問ください。

 腰痛治療料金システム

整体療法      5400円
 筋仙腸関節の動きを改善することで仙腸関節炎による痛みの軽減を目指します。
 治療内容:腰の筋肉のバランスを整え、さらに腰痛に影響を与える事の多い、『股関節』・『骨盤』・『腰椎』のゆがみを矯正します。

鍼灸治療     5400円
 仙腸関節炎による痛みが長期間続いている場合や、過度な筋緊張によって仙腸関節を動かす以前に調整が必要な場合に行います。
 治療内容:全身の筋肉の改善と背骨・骨盤のバランスを矯正し正常な位置に調節します。肩こりや猫背に対しての治療法にもなります。

総合治療      8640円
 『身体のバランスを徹底的に改善したい』という方にお勧めの治療法です。
 治療内容:鍼灸治療と整体療法を行います。

※上記3つの治療メニューからお選びいただきます。
※『どの治療法がいいかわからない』という方はお気軽にご相談ください。
※初診時には、初診料2160円が別途必要です。
※担当希望がありましたらお電話の際にお伝えください。
※院長希望の場合には、別途1080円必要です。ご希望の場合には、お電話でご予約の際にお申し出ください。

仙腸関節炎のセルフケア

仙腸関節炎でお困りの方がご自宅で行うことのできるセルフケアをご紹介いたします。

患部を冷やす

 仙腸関節炎の発症初期は炎症が起こっている事が多く、患部は熱を持っています。この炎症を抑えることができれば痛みは必然的に弱まります。炎症を抑えるためには患部を冷やすことが大切です。

安静を保つ

 炎症が起こっている状態で身体を動かすことはかなりリスクの高い行為です。症状を悪化させないためにできるだけ安静を保つようにしましょう。

 仙腸関節炎治療Q&A

.仙腸関節炎治療に鍼灸治療は絶対に受けなければいけないのですか?
.鍼灸治療が絶対というわけではありません。
  当院では、手技治療・物理療法なども行っています。

.仙腸関節炎の治療内容は?
.当院では鍼灸治療・整体療法・物理療法を行っています。この治療法の中から、症状に合わせた治療を行っています。その為、この治療を絶対に行うということはありません。

.仙腸関節炎の治療期間は?
.症状によって治療期間は様々です。
  多くの場合で治療間隔は、週に1回の治療です。

.病院との同時通院は可能ですか?
.当院での治療は、薬は一切使いません。その為病院との同時通院可能です。

.仙腸関節炎の治療には予約が必要ですか?
.仙腸関節炎治療の場合、専門知識を持ったスタッフの治療が必要となります。その為、治療は予約制です。また、治療担当希望者がある場合には、ご予約の際にご指名ください。

Q.仙腸関節炎の症状は1回で改善されるの?
A.仙腸関節炎の症状が1度で改善する可能性は低いとお考え下さい。

.仙腸関節炎はどれぐらいでよくなりますか?
.症状や仙腸関節炎の原因、仙腸関節症候群の発症からの経過時間によって異なるため一概にどれくらいということはできません。
 基本的に、軽度の仙腸関節炎の場合で2〜3カ月、中度の仙腸関節炎の場合で4〜5カ月、重度の場合には半年以上かかる事が多いです。

.仙腸関節炎の治療料金はいくらですか?
.施術料金は5400円です。

.仙腸関節炎の治療時間はどれぐらいかかりますか?
.仙腸関節炎の治療時間は30分前後です。

.保険は効きますか?
.鍼灸治療の保険の適応は、腰痛・神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・むち打ち後遺症は保険の適応が可能です。但し、医師の同意書が必要となります。
整骨治療の場合、ケガによる骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)のみが保険での治療が法律で認められています。

 腰痛治療お喜びの声をご紹介

41歳 女性 M・Sさん 大阪府大阪市在住  ぎっくり腰
急に腰が痛くなり、歩くことができないぐらい痛かったですけど、テーピング治療をしていただき数回の治療で完治しました。ありがとうございました。

14歳 女性 H・Tさん 大阪府吹田市在住  腰部捻挫
バレーボールをしているときに腰が急に痛くなりました。試合も近いのでなるべく早く治りたかったのでここにきました。試合当日にはテーピングを貼ってもらって痛みなく試合に出ることができました。ありがとうございました。

69歳 女性 Y・Tさん 大阪府大阪市  腰痛
立っているのがつらく、台所で料理をするのがほんとに苦痛でした。こちらの院に来させていただいてから徐々に痛みがやわらぎ今では、歩くのにも痛みはありません。先生方には心から感謝しております。ありがとうございました。

27歳 女性 M・Kさん 兵庫県西宮市在住  ぎっくり腰
衣替えをしていて押入れの奥のクリアケースを引っ張ったときに痛くなりました。近所の方に、東洋医学治療センターを紹介していただき、現在も通院しております。原因は、腰の骨の関節をひねってしまったことによるものだそうです。治療は、骨のゆがみを治して体のバランスを整える事でした。現在、歩き方を変えるようにいわれています。今まで、日常生活についての相談にのってくれるところがなかったので、とてもありがたいと思います。

47歳 女性 I・Yさん 大阪府大阪市在住  脊柱管狭窄症
腰の脊柱管狭窄症と病院で診断され手術しなければ、痛みも足のしびれも治らないといわれました。そこで、野村鍼灸整骨院さんを紹介され治療に来たところ、マグネセラピーをさせてもらいました。時間はかかりましたけれど、痛みも足のしびれもかなりやわらぎました。そのおかげで、お買い物にも不自由なくいけるので、とてもうれしいです。先生もしっかり説明してくれたので症状についても少しですけどわかりました。ありがとうございました。

20歳 男性 匿名さん 大阪府大阪市在住  腰痛
私は、3年ほど前から腰が痛くて、立っているときも常に違和感がある状態でした。いつも腰を回したりストレッチをしていましたがよくなりませんでした。ですが、鍼治療をしてもらうと、うそのように痛みがとれ普通に歩けるようになりました。1本の鍼でここまで楽になるなんて想像もしていなかったです。とても感謝してます。ありがとうございました。

23歳 女性 匿名さん 大阪府大阪市在住  生理痛
私は以前から生理痛がひどく、下腹部、腰の痛み、下半身のだるさのために、丸1日外出できず、寝ているだけの日がありました。婦人科に一年ほど通いましたが、ただ毎月鎮痛剤と漢方薬を与えられるだけで、最初のうちは効果があったものの、次第に効果も薄れ、その事を相談しても特別な処置をしてもらえませんでした。そんな時に知り合いからカイロプラクティックが良いかもしれないと聞き、インターネットで調べてここに通い始めました。だめもとで通っていたのですが、通い続けて3,4ヶ月の生理時に、ぴたっと何事もなかったかのように痛みが消えました。7年間我慢していた痛みが全くなくなるなんて本当に驚きでした。今後、この状態を維持できるよう、治療を受けていきたいと思っています。

 料金システムについて

 日本国憲法第25条1項で「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」第2項で「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と規定されています。この第1項の”健康”というところに健康保険の適応があります。このように考えると、健康保険の適応範囲での治療というものは、日本国憲法で考える最低レベルの治療という事になります。実際に、現在、高度なレベルの治療には健康保険の適応は行われていません。

 毎年、国の予算がどんどんと膨れ上がり巨額となっています。この予算の多くを占めるのが医療費です。医療費が増え続けるという事は、病院にかかっている患者さんが改善せずに不健康な方が増えるからにほかなりません。実際に仙腸関節症候群でお困りの方は急増しているのも現実です。このような方々の多くは、健康保険の適応範囲内で投薬治療を受けている方がほとんどです。ですがそのほとんどの方は、それらの症状が改善できず、逆に悪化するような方もあり、何年間も治療に通い続けているのが現状です。



























当院は治療のプロフェッショナル集団です。仙腸関節症候群治療は当院にお任せ下さい。

【治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県
平成28年2月20日

 治療として痛みが現れたら痛みを改善する。そして、再び痛みが出てまた痛みの改善をするといった、対症療法を受けられている方がほとんどです。この対症療法には、シップや痛みどめのような投薬治療や硬くなった筋肉を和らげるようにマッサージを行うなどが含まれます。もちろん対症療法が悪いというわけではありません。ですが、対症療法を続けて行ったとしても仙腸関節症候群の根本的な問題に対しての治療ではありません。その為、何度でも同じことを繰り返すことになります。これは仙腸関節症候群の対症療法を受けられた方であれば容易に想像がつくと思います。このような状態になると、 @何度も何度も長期間通院しなければならない A痛みを我慢しなければならない期間が長い B根本的な原因に対する治療ではない為、問題を起こしている場所は時間とともに悪化する C回復させるためには日常生活で安静にしなければならない D再発に対する不安の継続このような事が起こります。 また、患者さん自身が通院していても改善の感覚を得られないことも少なくありません。実際に、保険診療で行うことのできる治療は範囲が限られています。 そこで当院では治療の目的として仙腸関節症候群になってしまった根本的な原因の改善を目指して治療を行います。そうすることで、1度改善した仙腸関節症候群が再発する事が少ない事が当院における治療の特徴です。もちろん、痛みが強い場合には対症療法を行う事もあります。当院での治療では @治療はできるだけ短期間で終結 A根本的治療を行うため痛みのレベルを早期に改善 Bいつも通りの日常生活を送りながら仙腸関節症候群治療が可能というメリットがあります。また、仙腸関節症候群の予防治療も可能です。 このような治療を受けられる方のメリットを最大限に引き出すためには、治療に使用する器具も精度の高いものを使用しなければなりません。このようなものは、保険診療の範囲内で使用できるものではありません。 また、より高度な治療技術の提供を行うため、院内研修や院外研修への参加等によって、常に最新の最も治療効率の高い技術を磨いています。当院では、1日でも早い症状の根本的改善をモットーに治療を行っています。より精度の高い治療器具とより高度な治療技術の提供によって1日でも早い仙腸関節症候群の根本的解消をモットーに、当院では健康保険の枠にとらわれない高度な治療を行っています。 当院では、このような現状を考え”仙腸関節症候群の改善”のためには健康保険の枠にとらわれることなく治療することが、仙腸関節症候群の根本的原因を改善するためには必要と考えています。そして、健康保険の枠を超えて治療を行うことによって、多くの方が仙腸関節症候群による様々な症状の解消とともに豊かな生活を取り戻しています。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も腰痛の整体療法を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。