野球肩治療本文へスキップ

野球肩 大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

2012年8月 アメリカオバマ大統領からGOLDAWARD
2015年7月 国連機関のWHFから顕彰を受賞

野球肩Baseball shoulder

野球肩

野球肩は繰り返される投球動作によって肩関節周辺に発生する肩のスポーツ障害の総称です。野球肩は、幅広い年齢に認められます。この中でも特に小学生に多く見られることから、小学生に発症した場合にはリトルリーグ肩とも呼びます。野球肩が発症する投球動作は、オーバーヘッドスローイングと呼ばれる投球時の動作が原因となって起こります。その為、ハンドボールや水泳などの野球以外のスポーツでも発生することもあります。

 野球肩は、症状があらわれてから安静にしていることで症状が改善する場合もありますが、”2週間以上症状が軽減しない”、”また野球肩が何度も繰り返す”、”長期間投球をしていないのに投げたらやはり痛い”というような場合には、野球肩の状態で投球動作を繰り返すことによって野球肩は治りにくくなってしまいます。早期の治療開始をお勧めします。

 当院では、『野球肩の原因から徹底改善』をモットーに野球肩の治療を行っています。不調の原因を解剖学・運動学などから原因をみつけ、あなたの体に合った最適で安全性の高い治療を行います。

 野球肩の場合、『これぐらいは我慢できる』、『ほっとけばよくなる』と思っている方も多いのではないでしょうか?しかし治らなかった場合、治療開始が遅れるため野球肩は進行してしまいます。特に痛みを我慢しながら投げている場合には、フォームも崩れ更に筋肉のバランスが変わってしまいます。そうすれば、痛みの範囲も広がっていく可能性があります。「野球肩かな」と思ったら、1日でも早く治療を開始する事をお勧めします。

当院は、『治りたい』という方を優先的に全力で治療しています。

 野球肩治療はこのような方にお勧めです

○野球を続けながら痛みの改善を目指したい方
○専門のスポーツ鍼灸治療を受けたい方
○筋力回復も含め、筋力バランスを整えたい方
○野球肩の予防をしたい方
○パフォーマンスの向上を行いたい方

野球肩治療therapy

 野球肩のほとんどの方は、骨には異常がありません。それでも、投げるだけで肩に痛みが起こります。症状が悪化してしまっている方の場合には、野球をしていない時でも肩に痛みが現れ日常生活動作にも制限が現れるようになります。

 ですが、レントゲンを撮っても『異常なし』といわれてどのようにすればいいのか分からずシップを貼って過ごしている方が多いのも現状です。

 このような現状の中、1つ考えてもらいたいのが痛みが出るのは骨だけではないということです。レントゲンは、骨折を調べるための診断装置で筋肉の状態はわかりません。つまり、レントゲンを撮って異常なしと言われた場合には、『骨折はしていません』と言われたと思って下さい。肩関節を構成している上腕骨と肩甲骨、そして鎖骨に異常がなかっただけで、”肩関節周辺組織”である筋肉の状態はレントゲンでは分からないのです。
 特に野球肩の場合には、関節の動きと筋肉のバランスに問題がある場合がほとんどです。つまり、野球肩を改善するためには肩関節を考えるより肩関節周辺の組織の状態を考えなければいけないのです。

 当院では、このような考え方を基本に野球肩の治療を行っています。 

 野球肩治療の方法

 当院での野球肩の治療法には、鍼灸治療・整体療法・テーピング治療・運動療法があります。
 軽度から中等度の場合は整体療法・テーピング療法・運動療法で改善が期待できます。
 中度から重度の場合には、鍼灸治療・テーピング治療で症状の軽減が期待できます。
 野球肩の予防には、テーピング療法と運動療法を行っています。

 野球肩の原因は、『使い過ぎ』、『投球のフォームの異常』、『背中と胸の筋肉のバランス異常』、『関節運動の異常』の4つのパターンで起こります。

 当院では、これらの状態に合わせて治療法を決定し治療を行います。また、『このような治療が受けたい』というようなご希望がある場合にはご相談ください。

 野球肩の治療器具

テーピング治療

テーピング療法

 テーピング療法は、関節の保護筋肉の補助・重心位置の変更を目的に行います。
 また、野球肩の予防投球フォーム変更にもテーピング療法を行います。
 当院で行っているテーピング法は、スポーツテーピング・キネシオテーピングの良い所を取り入れたオリジナルのテーピング法を行っています。
SSP

SSP療法

 SSP療法(Silver Spike Point)は、『刺さない鍼治療』の発想から開発された低周波刺激療法です。
1976年、大阪医科大学麻酔科の兵頭正義教授(故人)が考案し、(株)日本メディックスとの産学共同開発により誕生したツボ表面電気刺激療法です。
 SSPと呼ばれる小さな金属電極で低周波通電する治療法のことです。
 電気治療の中では痛みの軽減や筋肉の緩和などの治療効果が高いうえに、副作用がない事がSSP療法の特徴です。
 近年では鍼治療の本場、中国、韓国にも認められたSSP療法は、世界各国で使用されています。
鍼灸治療

鍼灸治療

 鍼灸治療は、野球肩の痛みが強い場合や野球肩になってしまった状態でも運動を休む事が出来ない場合には有効性の高い治療法です。
 鍼灸治療の目的は、野球肩の原因となる筋肉(広背筋・大円筋・小円筋・棘下筋・棘上筋肩甲下筋・大胸筋・小胸筋など)の緩和によって野球肩の痛みを軽減させる事と、関節可動域の増大を目的に行います。
 当院が野球肩に行う鍼灸治療法はトリガーポイント療法が主体です。
 また、鍼は全て日本製の使い捨ての鍼を使用しています。ご安心ください。
マイクロ

マイクロ療法

 マイクロ波によって、身体の深部を温めて肩関節周辺の筋肉を柔らかくし、肩関節の動きを改善します。また、温めることにより肩関節周辺の血流が良くなるため、周辺組織の栄養・酸素・酵素などの供給が増し、代謝産物が活発化します。この作用によって、自然治癒力を高めます。
超音波療法

超音波治療

 非常に高速で細かい振動を体に与えてることにより、硬くなってしまった筋肉を緩和し、同時に体の内部で穏やかな熱を発生させ、血流改善、関節動きを改善、新陳代謝を活性化することができる治療器です。急性期の野球肩にも使用することができ、浮腫(むくみ)・血腫の軽減も期待できます。受傷後すぐに使用できるため、ケガの耐えないプロスポーツチームでも、多く採用されています。

※症状によって使用する治療器具は異なります。

 野球肩治療に当院を選ぶメリット

.野球肩の状態がわかります。
 野球肩になってしまった原因やパターンをわかりやすく説明します。あなた自身の野球肩のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

.最新の治療法
 当院は日本でトップクラスの治療の経験を持ちます。これまでの経験からの考察し最新のより良い効果的な治療を受ける事ができます。軽度の症状であればマニュアル的な方法で改善することが可能です。ですが、慢性化している症状や中等度以上の症状の場合にはあなたの身体の状態にあった治療を行うことが改善のためには必要です。例えばマッサージ。○○式等とついていても、身体の外部から刺激を加える圧力が違ったり施術者の手や足など行う場所が違うだけのことがほとんどで結果はどのマッサージと同じです。マッサージは肉体疲労の改善には役立つかもしれませんが再発を繰り返すパターンや慢性的な野球肩の症状改善目的では無効と考えられています。

.アフターフォローが充実
 治療効果の維持と野球肩の再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

.全て国家資格所持者
 骨格の構造や運動障害などの基本的な知識を有した医療系国家資格所持者による野球肩治療を行っています。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら治療院業界では無資格施術が多く行われているのが現状です。

.世界に認められた実力
 2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
 2015年7月 国連機関WHF(WORLD HUMAN FACILITY COMMUNITY)から顕彰

 野球肩治療に当院を選ぶデメリット

 どの医療機関にもデメリットはあります。ここでは当院を選んだ際のデメリットをご紹介いたします。

.健康保険の適応はできません。
 当院では、法律に従い適切な健康保険の取り扱いを行っております。その為、健康保険の適応はできません。ですが、健康保険の枠にとらわれない最高の治療を提供しています。

.野球肩は1回では改善しません。
 当ホームページをご覧の方の多くは、野球肩がすぐに治ると言われて通ったが改善しなかったという方が多いと思い必要はないかと思いましたが一応記載しておきます。野球肩が発生する要素は、骨格のアライメント、フォーム問題、筋肉バランスの問題、柔軟性の問題、ケアの問題など様々です。野球肩の改善、そして再発予防のためには運動フォーム、骨格アライメント、筋肉のバランスを再構成する必要があります。筋トレをされたことがある方であれば理解しやすいと思いますが、筋肉のバランスを変えるのに毎日トレーニングを行って最低でも3か月と言われています。このバランスを変えながら骨格のバランスを変えていかなければなりません。

.痛み止めなどの薬の処方はできません
 現在の日本では、薬の処方は西洋医学の分野です。痛み止めやシップがご希望の方は西洋医学の病院を受診してください。当院で行っている野球肩治療は東洋医学治療、鍼灸治療、整体療法、物理療法を行っております。

.野球肩改善目的以外の事は行いません
 野球肩の治療を掲げられているところで、ただマッサージをしているだけの所も多々見受けられます。結果はご想像の通りで、野球肩の改善につながるとは思えません。当院のモットーは野球肩の早期改善であるため、このような慰安行為は行いません。慰安行為がご希望の方は他院をお薦めします。
 ちなみに、このような院で保険請求の詐欺が横行しております。健康保険の適応は、ケガによる骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れです。野球肩は、スポーツ障害であるため保険適用は法律で認められていません。受診される方は詐欺に巻き込まれない様にご注意ください。毎月、月初めにサインを求められる場合には保険請求をされています。

.対症療法は行いません
 対症療法とは、今現在の症状をごまかすような治療法です。「臭い物には蓋をしろ」的な考え方です。臭い物に蓋をしても匂いが消えたわけではありません。むしろ時間の経過とともにもっと臭いにおいを発するようになるのではないでしょうか?野球肩も同様です。とりあえず今の痛みをごまかしたとしても、根本的な問題が変わってなければ再び痛みが現れる可能性が高いです。当院では、野球肩の根本治療をモットーに対症療法は行っておりません。

 野球肩治療の流れ

治療ってどんな事をするんだろ?
どんな手順でするんだろ?って不安ですよね。
初めて治療をお受けになる前に、安心して治療が受けられるように、治療の基本的な流れを記載します。

(1)問診票のご記入

当院にはいられましたらスリッパに履き替えてください。
その後、問診票をご記入していただきます。

問診票には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。正確な情報をいただければ、その分改善は早まります。

(2)カウンセリング

記入していただいた問診票をもとにカウンセリングを行います。
『どの辺りに痛みがあります?』
『いつから痛みがありますか?』
『今回初めての野球肩ですか?』
『投球動作のどの状態で痛みがありますか?』
『日常生活にも問題がありますか?』

等をご質問いたします。

(3)検査

 野球肩の状況を正確に把握するために必要な検査を行います。
 検査では、野球肩の問題を正確に把握するために痛みを誘発するような検査を行う事もあります。これは、早期に野球肩の改善を目指すためには必要な検査です。

説明(4)説明

カウンセリングと検査を基に今現在の野球肩の状況を分析し、痛みの原因となっている可能性の高い原因について説明を行います。さらに、その病態に対して最も有効性が高いと考えられる治療法を決定し施術内容を分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

(5)施術

痛みのない施術方法で、野球肩の治療を行います。
具体的な方法としては、鍼灸治療・整体療法・テーピング療法です。
 軽度:整体療法
 中度:整体療法+テーピング もしくは 鍼灸治療+テーピング
 重度:鍼灸治療+テーピング

(6)治療後の効果測定

身体を動かして治療前と比べ、どの辺りがどのぐらい変化したのかチェックしていきます。
効果測定を主に行う項目は関節の可動域と筋力についてです。

(7)治療後の説明

施術後に、日常生活での注意点やエクササイズ、野球をする際の予防法などをご説明いたします。
これからの治療計画もお伝えします。
このときに分からない事があればご質問ください。

※この治療の流れは一例です。

 野球肩治療料金

スポーツ整体治療     1回  3240円
野球肩は、筋肉の問題によって起こっている場合と肩関節を中心に鎖骨や肩甲骨の運動範囲の減少による問題があります。その中でも、関節の運動の可動域が減少しているような場合には整体療法が有効です。また、筋肉の問題が軽度な場合にも整体療法が有効です。
治療内容:肩関節の運動に関与する肩関節周辺の筋肉の緊張を緩和し、その後に関節可動域の増大を目的に運動矯正を行います。

スポーツ鍼灸治療 1回  3240円
野球肩の経過が慢性的な場合やしばらく休養をとったにもかかわらず野球を再開すると痛みが現れる、痛みの程度が強い場合には鍼灸治療が有効となります。
慢性的な野球肩の場合には、肩関節周辺の筋肉の運動異常が認められることが多くあります。運動異常を解消するための治療を行い、協調運動をサポートする事で慢性的な野球肩からの改善を目指します。
治療内容:肩関節周辺の筋肉に鍼灸治療を行います。

総合治療      1回  5400円
整体治療と鍼灸治療を同時に行い、骨格と筋肉の両方に治療を行います。
治療内容:整体治療・鍼灸治療を行います。

この他、症状に合わせてテーピング療法(別途1080円〜2160円必要)も行っております。
※初診時には初診料が別途2160円必要です。
※この3種類の治療法からお選び頂けます。
※どの治療がいいのかわからない場合には御相談ください。

 野球肩治療Q&A

.野球肩治療の治療内容は?
.野球肩の治療は、鍼灸治療・テーピング治療・AKA(関節運動学的アプローチ)・物理療法です。これらの治療法を組みあわせて行う事によって野球肩の改善を目指します。治療法の決定は、症状に合わせて行います。ご安心ください。

.野球肩の治療期間は?
.症状によって治療期間は様々です。
  治療間隔は、週に1〜2回の治療が基本となっています。もし「○日の試合に間に合わせたい」などの期日があればお伝えください。出来る限り間に合わせられるよう治療計画を立てていきます。

.野球肩の治療は予約が必要ですか?
.症状をきちんと把握するため、完全予約制で治療を行っています。ご来院の前にお電話でご予約を承っております。

Q.野球肩の治療は痛くないの?
A.当院で行っている治療法には基本的に痛みはありません。ご安心ください。
 もし、「このような治療は抵抗がある」というものがありましたら、治療前にお伝えください。

Q.野球肩の症状は1回で改善されるの?
A.野球肩の発症は慢性的な経過を持って起こってきます。1回目の治療でも症状は軽減される方が多くおられますが、完全に改善されるまでは最低でも2〜3カ月の期間がかかることがあります。また、症状がどのぐらい経過しているかによって個人差が出てきます。そのため、慢性的なもの程お時間はかかります。

Q.整体院と整骨院の違いは?
A整体院の開設には資格はなにも必要ありません。その為、ほとんど勉強しなくても開設できる状態です。
 整骨院は開業するのに国家資格が必要となります。その為、開業している全ての院に国家資格所持者が在籍しています。

.野球肩の予防法はありますか?
.野球肩を予防するために、ストレッチなど様々な手段があります。

.治療料金はいくらですか?
.治療料金のページを参考にしてください。

.治療時間はどれぐらいかかりますか?
.治療時間は30分前後です。初診時は問診の時間を含め約1時間程かかります。

.子供でも治療してもらえるのですか?
.子供でも治療を行っております。

.担当制ですか?
.一人一人の症状の経過を責任を持って診察していくため、担当制で治療を行っております。担当希望がありましたらお電話でご予約をお取りの際にお伝えください。

Q.家が遠方で通うことができません。治療院を選ぶときに気を付けることはありますか?
A.必ず必要なことは野球肩の知識がある先生の治療を受けることです。初診の時に、野球肩の状況説明がないような場合には注意が必要です。無口なのか?知識がないのか?
その他、高齢者が多く来院しているような治療院も要注意です。高齢者の対症療法とスポーツ障害の根本治療は全く領域が違います。高齢者に好まれるということは慰安要素が強い施術所の可能性が高いです。

 野球肩治療院の選び方

野球肩でお困りの方にとって一番難しいのが治療院の選び方だと思います。そこで、治療院の選び方についての当院の考え方を記載します。参考にしてください。

【治療経験】
 絶対に必要なことが野球肩の治療経験です。野球肩は、スポーツ障害の中でも多くの方がお悩みの症状ですが治療経験がほとんどないという治療院も多くあります。治療経験の有無を問い合わせることお勧めします。

【野球肩になってしまった原因の説明】
 次に、自分自身がなぜ野球肩になってしまったのか原因についての説明を行ってくれる治療院をお勧めします。

 また、これは絶対ではありませんが”骨格模型”のないようなところは注意が必要です。この骨格模型が、全身の骨格模型であれば信頼度の高い治療院と考える事が出来ます。参考にしてください。

 納得がいかない治療をされたときや説明を全然してくれないなどの時には他の治療院を探してみることをお勧めします。

【治療法】
 治療法についてです。野球肩の症状を改善するためには様々な方法があります。その中で、電気治療や肩のマッサージを繰り返す、シップを貼るなどの治療院では野球肩の回復は難しいとお考えください。特に、野球肩の発症初期はアイシングが必要ですが、ある程度期間が経過すると運動後以外のアイシングは症状回復を遅らせてしまう可能性があります。その為、急性期を過ぎた状態でシップを渡す治療院はご注意ください。

【最後に当院から一言】  一部の不勉強な者たちが、野球肩の治療を受けたいと、治療に来た患者さんの身体に間違った治療をしてしまったり、治療院業界に不信感を抱かれる行為などをしたりしています。

 当院にも、過去に他院で間違った治療をされ、不快な経験をした患者さんが来院することが多くあります。 当院だけがプロの治療院ではありません。他にもプロの治療院はたくさんありますが、そうではない治療院が多いのも現状です。
 納得がいかない治療をされたときや説明を全然してくれないなどの時には他の治療院を探してみることをお勧めします。

【野球肩治療に御来院いただいている地域】

大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県
2017年5月9日

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。