生理痛治療本文へスキップ

生理痛の緩和 大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

生理痛

生理痛 生理痛は仕事を休まなければいけなくなったり、大切な用事をキャンセルしなければいけなくなるなど、女性の日常生活に大きな影響を与えます。

 生理痛の悩みは、痛みの強さや期間、痛みの感じ方など様々なタイプがあります。女性の約70%の方が下腹部痛や腰痛、頭痛、めまいなどを感じていると言われています。なかには原因不明で生理中だけ足がしびれるといった方もいらっしゃいます。

 生理痛でお悩みの方が女性の70%を占めているにもかかわらず、生理痛の治療を受けている方は非常に少なく、市販のお薬を飲んで過ごしている方や痛みをジッと我慢している方が多いようです。薬を飲むことで、一時的に痛みをごまかすことはできます。ですが、いくら薬を飲み続けても生理痛の根本的な原因の解消ということにはなりません。また、薬には痛み止めの効果と同時に常用性や副作用があります。

 なるべくお薬を飲んでごまかすのではなく、生理痛のない体質に変えていきませんか?
痛み止めの薬を飲むほとんどの方は、『薬を飲みたくないけど強い痛みが来るのが怖いから』という理由で痛み止めを飲んでいるいようです。

 もちろん生理痛が非常に強い場合は、無理して薬を飲むのを我慢する必要はありません。ただし、生理痛があればすぐに薬というのはよくありません。薬を飲み続ける事によって、『最初は生理痛が出て薬を飲めばすぐに効果が出たが、最近では飲む量を増やさないと生理痛が軽くならない』といった、薬に対して徐々に体が慣れてしまい効果が薄れてきてしまいます。効果が薄れてくると、今度は強い薬を飲む、量を増やすなどの悪循環に陥ってしまいます。
 このような状態は、身体に本来備わっている自然治癒力が弱まった状態と考える事ができます。このサイクルを繰り返していると、薬なしではいられない身体になってしまう可能性があります。

 生理痛で治療を受けることに抵抗がある方も多いようですが、原因を見つけ治療をすることで痛みが軽くなったり、場合によってはなくなることも多くあります。
 特に、骨盤の歪みが原因の生理痛や、原因不明の生理痛に関しては、鍼灸や整体療法が最も適していると考えています。

 東洋医学治療センターでの治療は、生理痛を根本的に改善するために『体質改善』を提案しています。体質改善のために、体のバランス改善や、東洋医学的な治療で身体の中のバランスを改善することを目的に治療を行っています。そうすることで健康な状態に整い、ホルモンや自律神経のバランスの改善、生殖器系の機能向上が起こります。その結果、生理痛の起こらない健康的な身体になれると考え治療を行い、結果を出しています。

 西洋医学的生理痛

機能性月経困難症
 子宮や卵巣などに問題がなく、血液循環不良や冷え、骨盤のゆがみ、ストレス、ホルモンバランスの崩れなどで起こる生理痛をいいます。10~20歳代に多くみられます。またこのタイプは生理痛に波があり、痛みが強い時とそうでもない時があるのが特徴です。生理初日から2日目に痛みが強くその後なくなることがほとんどです。

血液循環不良
 内臓の血液循環が慢性的に悪くなってしまうと子宮や卵巣の細胞に老廃物が溜まってしまいます。さらに、血液によって本来運ばれてくる栄養物質も運ばれてきません。その結果、内臓の代謝が悪くなってしまい生理痛を強めてしまいます。

ストレス
 ストレスによって自律神経に問題を起こしてしまい内臓に対する血液循環が悪くなってしまう状態です。

骨盤のゆがみ
 骨盤のゆがみのパターンによって多少異なりますが、子宮や卵巣は、骨盤の中で一番下にあるので内臓下垂等が起こると圧迫されます。これによって子宮粘膜に対する刺激が増強すると考えられます。これによって痛みが出ます。また、自律神経の働きが悪くなり生理痛が出ることもあります。この場合、骨盤を矯正する事で、粘膜に対する刺激が軽減し生理痛が緩和されます。

骨盤のゆがみから起こる生理痛(筋肉性)
 女性の骨盤は、生理周期に合わせて動きます。生理中は、骨盤が最も緩んだ状態で、生理が終わった時から排卵の時期までの間に閉じていきます。そして、排卵後から次の生理が始まる時期まで徐々に緩んで開いていきます。
 この周期の中で、骨盤が閉じている時(生理後~排卵:低温期)までの間は骨盤を固定する力はそんなに強い必要はありません。しかし、骨盤がゆるんでくるとこの骨盤の位置を維持するのは筋肉の仕事になります。この時、骨盤のゆがみが強ければ強いほど、筋肉にかかる負担は強くなります。この負担に耐えきれず腰痛が起こってきます。

骨盤のゆがみから起こる生理痛(内臓性)
 
骨盤のゆがみによって、生殖器系を支配する腰から出る神経(腰神経:交感神経)と骨盤から出る神経(仙骨神経:副交感神経)の働きが崩れる事があります。これらの自律神経のバランスが崩れることによって起こって不妊症になることもあります。
 また、骨盤の開きが起こると内臓が下垂して骨盤内の臓器を圧迫してしまいます。この骨盤内臓器には、子宮や卵巣などの生殖器が含まれます。この圧迫によって、子宮や卵巣から分泌されるホルモンがアンバランスになったり、血管が圧迫され血液循環が悪くなってしまい、内臓が冷えてしまう事も考えられます。
 この冷えを特に感じる時期が『生理期間』です。この期間に下腹部が冷たく感じられる場合や強い生理痛がある場合、骨盤の開きによる内臓下垂が考えられます。

ホルモンバランスの崩れ
 『プロスタグランディン』というホルモンの分泌異常が起こり、子宮の筋肉が過剰収縮してしまうことによって、子宮内の経血が出る事ができず痛みが出ます。
また、生理前には卵巣から『リラキシン』というホルモンが分泌され、このホルモンが骨盤を緩めてしまいます。そのため、普段から緩んでしまっている人は骨盤が強く開かれてしまい痛みが増強します。リラキシンの分泌は正常で起こることなので普段から骨盤を安定させておく必要があります。

冷え
 冷えは全身の血液循環を悪くしてしまいます。この血液循環の悪い状態が、内臓の冷えを作ってしまいます。その結果、生理痛が起こります。この場合の痛みは、鋭い痛みである事が多く”刺すような痛み””チクチクする痛み”等の場合が多いようです。

器質性月経困難症
 子宮や卵巣等の生殖器系に問題がある場合に起こる生理痛です。子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫など様々な原因があります。年齢的に30~40歳代に多くみられ、生理痛は生理が来るたびに起こり症状は徐々に悪化する傾向があります。また、生理痛は、生理中だけでなく生理前後にもみられます。

 東洋医学的生理痛

肝鬱気滞(かんうつきたい)
肝は気の運動を促す作用を持っています。この気の流れが悪くなることによってイライラしたり、顔が赤くなったりします。この状態での生理痛は、『お腹が張る』『頭痛がする』という感じが強く出ます。なりやすい方は、ストレスが強くある・飲みすぎ・食べすぎ・眼精疲労などがあります。

気滞血お(きたいけつお)
先ほどの氣の滞りの状態が悪化することによって起こります。気は東洋医学的に血を流す働きを持っています。その働きがうまく機能しないことによって血液循環が悪くなってしまいます。生理の初期に、腰や下腹部に強い刺すような痛みを感じる方が多いです。生理期間が長く、お腹の張りを感じやすいのも特徴です。

気血両虚(きけつりょうきょ)
血液循環を良くするエネルギーが不足し血液循環が悪くなってしまっている状態です。症状としてイライラしやすく、お腹を圧迫すると痛い、また経血は暗赤色で血の塊が混ざっている等があります。生理痛は、生理の終り頃に強く、腰や下腹部に感じる方が多いです。また、生理期間として2~4日間で、月経周期が30日以上で平均35~40日というのが特徴です。皮膚が乾燥しやすく、めまいや立ちくらみがしやすい方もいらっしゃいます。

寒邪実盛(かんじゃじっせい)
身体が冷えた状態で起こります。お腹に強い冷えがあり触ると冷たいのが分かります。また、冷えると生理痛が強まるのも特徴です。生理期間が6日前後と長く、生理周期も一定ですが、30日以上をとることがほとんどです。月経前に、下腹部や下半身が強く冷えた感じになります。また、冬は足が冷たくて眠れないという方も多くいらっしゃいます。

湿熱証(しつねつしょう)
ジメッ”とした環境でさらに暑い時に起こります。経血量が少ないのが特徴です。

これらの原因が生理痛の大きな原因となります。

生理痛治療の方法method

当院では、生理痛治療を鍼灸治療・整体療法・カイロプラクティック療法・自律神経免疫療法で行っています。

鍼灸治療とは?

鍼灸治療  鍼灸治療は中国で生まれた伝統医学です。当院では、この中医学の概念に基づいた鍼灸治療と、現代医学的な鍼灸治療の良いところを合わせた当院のオリジナルの治療を行っています。鍼灸治療の特徴は、西洋医学的な治療とは異なり副作用はありません。

 当院で使用する鍼は、全て日本製の使い捨ての鍼です。鍼の太さは、0.20㎜前後で髪の毛ぐらいの太さです。

 鍼灸治療を行う治療スタッフは、全てはり師・きゅう師の国家資格を持っております。また、ご希望であれば女性鍼灸師をご指名していただく事も可能です。お気軽にご相談ください。

鍼灸治療はこのような方にお勧めです。

・生理痛が強く、薬を飲んでも痛みが残る方
・手足の冷えやお腹の冷えを常に感じている方
・生理中に頭痛や足のしびれを感じる事がある方
・東洋医学的に生理痛体質を改善したい方
・生理痛の原因がストレス等の内面的な問題が関連している方

整体療法とは?

 整体療法では、骨格のゆがみを調節する事によって生理痛の緩和を目指す治療法です。整体療法は、骨格のゆがみがある方に特に効果のある治療法です。

 骨格のゆがみから生理痛が起こる大きな要因は、骨盤の前後バランスのゆがみと開き、腰椎(背骨の腰部分)のゆがみが影響しましす。これらのゆがみを矯正する事によって生理痛の緩和を目指します。

 生理痛の整体療法には痛みはありません。ご安心ください。

整体療法はこのような方にお勧めです。

・生理前や生理中に足のむくみが強まる方
・骨盤のゆがみが気になる方
・生理中に頭痛や足のしびれを感じる事がある方
・慢性的に腰の痛みやだるさがある方
・生理期間になると食欲がます方

 当院での治療のメリット

.身体の状態がわかります。
 生理痛に関与する骨格の歪みを分析します。歪みが生理痛に関与しないような軽度な歪みの場合には、自律神経機能を測定します。これらの検査によって、生理痛の原因がわかります。あなた自身の身体の状態を理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

.最新の治療法
 当院は、大阪でもトップクラスの治療経験を持つ治療院です。これまでの治療経験からの考察、改良を行うことで常に最良・最新のより良い効果的な治療を受ける事ができます。軽度の症状であればマニュアル的な方法で改善することが可能です。ですが、慢性化している症状や中等度以上の症状の場合にはあなたの身体の状態にあった治療を行うことが改善のためには必要です。例えばマッサージ。○○式等とついていても、身体の外部から刺激を加える圧力が違ったり施術者の手や足など行う場所が違うだけのことがほとんどで結果はどのマッサージと同じです。マッサージは肉体疲労の改善には役立つかもしれませんが生理痛の改善目的では無効と考えられています。

.アフターフォローが充実
 生理痛治療後の効果維持と再発を防ぐため、一人一人にあった日常生活や体操やトレーニングを指導しています。生理痛の原因に合わせた対策を行うことで症状改善までの期間が短くなることが考えられます。

.国家資格所持者による生理痛治療
 生理痛治療を行うスタッフは、全て医療系国家資格所持者です。その為、すべてのスタッフが自律神経についての専門知識を持っています。ご安心ください。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら無資格で治療に類似する行為を行っている人がいるのが現状です。

.全身のバランスを考慮した生理痛治療
 当院では全身のバランスを考慮しながら生理痛の治療を行います。

.治療の痛みは一切ありません
 当院で行っている生理痛の治療法はソフトな治療が中心で、治療に痛みはありません。ご安心下さい。

.大阪で数少ない生理痛の東洋医学専門治療が可能
 生理痛の西洋医学的治療を行っている病院は多くあります。ですが、東洋医学的に生理痛の治療を行っている治療院は数少ないのが現状です。当院では、生理痛に対する東洋医学的治療を行っています。西洋医学的に生理痛の治療を受けても改善しなかった方、お気軽にご相談下さい。

.世界に認められた実力
 2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
 2015年7月 国連機関WHF(WORLD HUMAN FACILITY COMMUNITY)から顕彰

 生理痛治療料金

鍼灸治療  5400円
整体療法  5400円

※初診時には、初診料が別途2160円必要です。
※女性スタッフ希望の場合にはご予約の際にお申し出ください。
※ご予約はお電話でのみ受け付けております。

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からの顕彰国連機関のWHFからの顕彰、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に体質の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

【治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県

相談窓口〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL;06-6395-3366
日曜日も急性外傷治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も生理痛の緩和治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。