お血と不妊症本文へスキップ

お血

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

お血

 お血とは、体内で停滞した血液のことで、経脈を離れて体内に留まった血液や、臓腑や経脈の中で循環が悪くなることによって滞った血液のことをいいます。

 お血が作られる原因としては、氣虚や氣滞、血寒、血熱など身体の内部に問題が起こり血液循環不良になってしまうことが主な原因です。氣は血を動かす原動力と東洋医学では考えます。この原動力がなければ血は動きません。また、寒は血を凝滞させてしまいスムーズな血液循環を阻害してしまいます。
逆に熱は、血を煮詰めてしまい血を固まらせてしまいます。

 2人目不妊の場合には、出産によって胞宮(子宮)にお血が残る、もしくは氣滞が原因で氣血の運行が阻害され、また氣虚によって血の推動力が低下し氣血の運行が悪くなり、その結果お血が生じ、このお血が衝脈や任脈を滞らせ、胞宮(子宮)を閉塞すると受胎不能となり不妊症となります。

 お血は、「お血不去、新血不生」といわれ、古い血があるために新しい血が流れない・入っていけないと考えられています。そのため、お血のある場所を中心に痛みや内出血ができてしまったり、腫塊ができてしまったりします。このお血が胞宮(子宮)にできれば、下腹部の痛みや生理不順、生理痛、無月経、経血が黒っぽい、塊がある、月経過多、不妊症の原因となります。特に、お血による痛みは刺すような痛みが特徴です。そして、痛みの場所は移動せずに、夜になると強まる傾向もあります。

 お血の症状

 ○生理痛がありナイフでえぐられるような痛みの場合やチクチクと針で刺されるような痛み
 ○生理痛は、出血が多い時に特に強くなる
 ○生理がくる前に体温が徐々に下がり出血までに2日以上かかることがある
 ○生理時に血の固まりが出る
 ○生理の異常(特に生理不順・無月経)
 ○月経過多
 ○舌が黒っぽい
 ○生理期間が長めで7日前後ある
 ○生理前に便秘になりやすい
 ○卵子はつくられているが着床しにくい
 ○肩コリや頭痛を感じていることが多い
 ○お腹や足の静脈が浮き出ているところがある(黒っぽい血管)

 お血の治療原則

 活血化お・行氣通竅
  訳:氣血の運行を活発にし、お血を除去し、胞脈の機能を回復する
鍼灸治療における取穴
 ○合谷
 ○太衝
 ○血海

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。