運動器系疾患の鍼灸治療本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

運動器系の鍼灸治療

 鍼灸治療は、他の治療法に比べ筋肉を柔らかくする効果が高い治療法です。体表から触れることのできない、深いところにある筋肉に対しては特に効果的があります。
 また、強い痛みが伴う場合に対しても”鍼麻酔”と呼ばれるほどの鎮痛効果をもつ鍼灸治療は有効な治療法です。 

 筋肉の硬さによって起こりやすい運動器疾患

 筋肉が硬くなってしまう事によって起こる痛みには鍼灸治療が適切です。ですから、筋疲労や筋肉の硬さが原因で起こっている神経痛などにも効果的です。

 首や肩の痛み

 頚椎椎間板ヘルニアを中心とした骨格の問題やストレートネック、首こりや肩こり、背中のこり、首・肩の痛み五十肩、頚肩腕症候群、手のしびれが代表的な疾患です。このような疾患が引き起こされる骨格のゆがみとしては、背骨のゆがみ、骨盤のゆがみ、鎖骨の運動可動域の狭小化、顎関節のゆがみなどが原因で引き起こされることがあります。
 このような関節の動きが悪くなると、これらの関節を動かすために無駄な力が必要となります。その結果、首や肩に痛みが現れます。

 腰や臀部の痛み

腰痛 日常生活を行っている中で、腰を安静に保つという事は非常に困難です。なぜならば、歩く・座る・動くなど全ての動作において腰の筋肉は使われます。このような理由から、腰の筋肉は硬くなる傾向があります。腰の筋肉が硬くなってしまうと、筋肉内の血液循環が悪くなってしまい”疏血性疼痛”と呼ばれる血液循環不良による痛みが現れるようになります。
 また、椎間板ヘルニアや椎間関節症などの骨格系の問題があると、身体を動かさないように無意識に力が入ってしまいます。そうすると特定の筋肉が硬くなってしまいます。このような状態になると、もともとの原因である椎間板ヘルニアや椎間関節に対しても負担がかかるようになってしまい強い痛みが現れるようになります。
 筋肉が問題となって腰痛が現れている場合には鍼灸治療が効果的です。

 肘の痛み

 肘の痛みは、肘関節や手首の運動範囲の狭小化、肩関節(肩甲胸郭関節を含む)や胸鎖関節の運動範囲の狭小化によって肘の痛みが引き起こされる事があります。
 このような問題によって、筋肉が過緊張状態になっているような場合には鍼灸治療がお勧めです。
鍼灸治療は筋肉を緩める効果が高く、早期の筋肉緩和が期待できます。また、痛みが強い場合にも鍼灸治療が有効な治療法になります。

 当院における鍼灸治療適応疾患

 ○頭痛(筋緊張性頭痛・偏頭痛)
 ○顎関節症
 ○三叉神経痛


 ○首こり・肩こり
 ○野球肩
 ○五十肩
 ○胸郭出口症候群
 ○背中の痛み
 ○肋間神経痛
 ○テニス肘、ゴルフ肘
 ○腱鞘炎
 ○手根管症候群
 ○腰痛
 ○股関節痛
 ○坐骨神経痛
 ○膝関節痛
 ○足関節痛
 ○足底腱膜炎
 ○スポーツ障害

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。