低温期の延長と不妊症本文へスキップ

不妊症と低温期の延長

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

低温期の延長

東洋医学的に低温期が長いということが不妊症の原因になるのは、衝脈・任脈が弱ってしまっていて月経によって空虚になった子宮内の氣血を回復させることができないことによると考えます。本来であれば、脾胃が後天の精を生成することによって腎の氣を満たし、その結果、子宮(胞中)が充実します。そして、子宮が充実したときに排卵が起こり高温期になります。つまり、子宮内の氣血が充実したときに高温期になるということになります。つまり、低温期がダラダラと続くような場合には、子宮内の氣血を充実させるための治療を行うことで不妊体質からの改善が可能となります。

このように考えると、低温期の長さが子宮内の氣血を表しているように考えることができます。それでは、短い低温期は問題がないのかといえばそのようなことはありません。低温期が短いことも、もちろん不妊症の問題となります。この時の問題としては、子宮内に熱(悪い物)がたまってしまうことによって起こっていることがあります。このような場合にも、不妊症の原因となります。

低温期は不妊症体質改善に大きなヒントとなります。問題を知って、不妊体質を早期に改善しましょう。

 任脈・衝脈の虚証に認められる症状

めまい○月経不順
○腰痛
○精神的な落ち込み
○頭痛
○血暈(めまい)
○足の冷え
○目・鼻・耳の疾患
○頭に起こるむくみや火照り
これらの症状がある場合には、脾虚の可能性があります。

任脈・衝脈は、女性の不妊症の原因になる可能性の高い病態です。特に任脈の問題は、『血の道症』を引き起こす可能性が高いと考えられています。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。