精神科疾患の自律訓練法本文へスキップ

精神科疾患の自律訓練法

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

自律訓練法

 自律訓練法は、トランス状態に入っている人について調べた結果、いつも体が重く、温かさが全身に広がっていくような感覚を体験されている事がわかり、その結果から、自律訓練法はトランス状態をもたらす基本的な要素として筋肉や血管の弛緩が重要であると考えられた結果として体系化された精神療法です。

 具体的には、固まってしまった体をほぐしていくことによって、中枢神経である脳や脊髄の働きを調整し本来の健康な状態に心身共に整えていく方法です。この方法には、全身のリラックスを図る『標準公式』、特定器官の緊張を取り除く『特定器官公式』、自らの意思で自律神経失調症の症状の再発を防ぐ『意思訓練公式』の3種類の方法があります。

姿勢

 自律訓練法は心身のリラックスが目的となります。その為、自律訓練法を行う姿勢がリラックスできる姿勢でなければいけません。自宅で行うのであれば、横になった状態で行うことが理想的です。ですが、外出先などでは横になる事ができない事が多いと思われますので座った状態でも構いません。
 リラックスできる姿勢が取れたら目をつむります。

 自律訓練法には6段階あります。標準練習は、背景公式と6段階の公式から構成されています。

、第一公式、第二公式により、全身の緊張をほぐし血液循環をよくし、手足の重感や温感が得られます。
 精神的なリラックスを得るには、第一公式、第二公式で十分効果が得られます。

背景公式

 背景公式では、深呼吸をした後に、「気持ちが落ち着いている」という言葉を頭の中で3〜4回ゆっくりと繰り返します。

第1公式(重感練習)

第1公式では、両手両足が重たくなるような感じになるようにします。
『右手が重たい』⇒『左手が重たい』⇒『右足が重たい』⇒『左足が重たい』と3〜4回繰り返します。これによって身体が重たい感じをつかむようにします。

第2公式(温感練習)

第2公式では、両手両足が温かくなるような感じになるようにします。
『右手が温かい』⇒『左手が温かい』⇒『右足が温かい』⇒『左足が温かい』と3〜4回繰り返します。これによって身体が温かくなる感じをつかむようにします。

第3公式(心臓調整練習)

第3公式では、心臓の調整を行います。
具体的には、『心拍が静かに規則正しく打っている』と暗示をかけ意識します。

第4公式(呼吸調整練習)

第4公式では、呼吸の調整を行います。
具体的には、『楽に呼吸している』と暗示をかけ意識します。

第5公式(腹部温感練習)

第5公式では腹部の温感を行います。
具体的には、『胃あたりが温かい』と暗示をかけ意識します。

第6公式(額部涼感練習)

第6公式(額部の涼感)を行います。
具体的には、『額が涼しく気持ちいい』と暗示をかけ意識します。

これで自律訓練法は終了です。ですが、最後に必ず行わなければならない方法があります。

これには両手でこぶしを作り、素早く開く。これを2〜3回繰り返してください。次に、背伸びを大きく行いながら深呼吸を3〜5回繰り返してください。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。