鍼灸治療適応疾患:婦人科疾患本文へスキップ

鍼灸適応疾患:婦人科系疾患

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

婦人科系疾患

 当院では婦人科系疾患に対しての東洋医学的鍼灸治療を行っています。

 なぜ、東洋医学?

 婦人科系疾患を西洋医学的に考えると、『ホルモンが足りない』『基礎体温が乱れている』『器質的な問題がある』などが考えられます。このような問題に対して、足りなければ注射などで補う、器質的な問題に関しては手術などで取り除くといった方法が取られます。
 東洋医学では、例えばホルモンが足りない状態であれば「何が原因で起こっているのか?」と原因について考え治療を行います。その結果、足りなかったホルモンが自分自身の力によって分泌されるようになり、ホルモンの問題が解決できます。このように、機能的な問題の根本に対して治療を行うため”体質改善治療”と呼ばれることもあります。
 ただし、器質的な疾患(例えば子宮筋腫やチョコレートのう腫、その他)に対して、鍼灸治療で解消する事は難しいと考えます。もちろん、これらのよって引き起こされる痛みに関しては改善が可能な事もあります。ですがこれは対症療法となります。

 当院における鍼灸治療

 婦人科系領域に対しての鍼灸治療では、東洋医学的に臓腑の働きを整える事、自律神経の働きを整える事の2点を目的に行います。この2点を行う事によって、血液循環の促進、冷えの解消、体内環境の改善を主な目的に行います。この治療によって、これまでも多くの婦人科領域疾患の方の症状が改善しました。

 適応症

 不妊症
 生理痛
 逆子
 産後うつ

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。