うつ病 セントジョーンズワート本文へスキップ

セントジョーンズワート

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

うつ病の薬草:セントジョーンズワート

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは、別名西洋オトギリソウと呼ばれます。セントジョーンズワートは、古来から精神的な問題に効果的と考えられてきました。つまり、自律神経失調症に対しても何らかの効果があると考えられています。ですが、日本ではセントジョーンズワートを薬として考えていません。そのため、医薬品としての販売はされていません。ですが、自然医学である東洋医学の中ではパニック障害の薬となる薬草と考えています。

セントジョーンズワートのパニック障害に対する効果物質としてはヒペリシンと呼ばれる成分です。この成分には、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの神経間における再取り込みを阻害する作用をもっています。そのため、気分が沈みがちなタイプの自律神経失調症やうつ病の場合にはセントジョーンズワートは有効と考えられます。西洋医学的な薬としては、セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の効果をもつ自然食品ということになります。

実際に、ドイツでは軽度のうつ病に対しては抗うつ薬として処方されています。

このとき気をつけなければならないのがSSRIやSNRIとともに摂取することは危険ということです。薬を飲みながらセントジョーンズワートを摂取するのはやめましょう。

薬を飲んでいない状態で、少し気分が落ち込みがちな場合や不安状態が強い場合にはセントジョーンズワートを摂取してみるといいかもしれません。ただし、症状が強くでている場合には専門家に相談しましょう。

セントジョーンズワートの注意点
セントジョーンズワートには、副作用があります。副作用として代表的なものは副交感神経優位な状態であらわれる反応です。
具体的な反応としては、心拍の安定化・免疫力増強・倦怠感・鎮静作用です。このような問題で、薬を飲んでいる場合に、セントジョーンズワートを摂取しようと思われている方は医師の指示に従いようにしましょう。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。