うつ病の投薬治療本文へスキップ

うつ病の投薬治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

うつ病の投薬治療

現在、西洋医学的なうつ病の治療では投薬治療が主体となっています。これらの薬の主体は、精神の安定を目的に投与されます。薬によっては、神経伝達物質
の選択的再取り込を阻害するような薬もあります。

 抗うつ薬は、実際にうつ状態を緩和するのに非常に効果的です。ですが、ほとんどの抗うつ薬に副作用があります。そのため、長期間の服用は体にとって悪影響です。ですが、抗うつ薬のほとんどは中・長期的に投与されます。また、抗うつ薬は飲むと体調がよくなったり、気分がよくなったりします。その結果、薬に対する依存度が高まり薬やめることが難しくなります。さらに、病院側も薬を減らした時にうつ病の症状が悪化することがあるため、減らしにくいのも現状です。

 このように、うつ病の投薬治療にはメリットとデメリットが存在ましす。投薬治療ともに東洋医学的な治療を受け早期の改善を目指しませんか?

 代表的なうつ病の薬

○精神安定剤
三環系
四環系
SSRI(セロトニン再取り込阻害薬)
SNRI(ノルアドレナリン再取り込阻害薬)
○睡眠導入剤
○漢方薬
○その他

 抗うつ薬の代表的な副作用


抗うつ薬による副作用には、抗コリン作用による口渇や便秘、体重の変化、性機能障害、抗ヒスタミン作用による眠気、体重増加などが現れます。これらの症状は、自律神経失調症やうつ病によって起こることもあるため自律神経失調症によって引き起こされている症状なのか?もしくはうつ病の身体症状なのか?この鑑別が難しいのが現実です。

特に、三環系抗うつ薬はセロトニン系及びノルアドレナリン系にも作用するため、副作用も広くあらわれ、抗コリン性のものとして口渇・尿閉・便秘・霧視、中枢神経系の副作用として、せん妄・過鎮静・錐体外路障害としての振戦・痙攣、心血管障害系の副作用として動悸・低血圧、体重の急増、性機能障害などが認められます。また、三環系抗うつ薬を大量不服用することによって死に至ることもあります。このように、非常に副作用が強いのが三環系抗うつ薬です。

SSRIはセロトニン受容体にも身に作用するために副作用もセロトニンに関連したものだけ現れます。代表的なものとして、吐き気やおう吐、下痢などの胃腸障害、不眠・焦燥感・じっとしてられない感じなどの中枢神経賦活作用、性機能障害、頭痛、食欲不振、発汗、セロトニン症候群などがあります。

SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの受容体に作用します。ですが、三環系抗うつ薬に比べて全体的に副作用が軽い特徴があります。ですが、排尿障害だけは他の抗うつ薬に比べて副作用が強いようです。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。