椎間板ヘルニア本文へスキップ

椎間板ヘルニア 大阪 淀川区 新大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニア

顕彰を受賞

椎間板ヘルニアによる腰痛『腰や足の痛みやシビレは椎間板ヘルニアからです。』
『椎間板ヘルニアだから手術をしましょう。』
『椎間板ヘルニアだからうまく付き合っていきましょう。』など椎間板ヘルニアと診断されて落ち込んでいる方や、椎間板ヘルニアの痛みを必死で我慢している方に、椎間板ヘルニアは手術しなくても痛みやシビレなどの症状は軽減または消失するということを知っていただきたいと思います。

 椎間板ヘルニアによる痛みや不調の原因は、急性期を過ぎるとほとんどが筋肉の問題や骨盤・背骨のズレ等の身体の歪みにあります。骨盤や背骨のゆがみも椎間板ヘルニアによる強い痛みが現れないように必死に耐えた筋肉の拘縮(硬くなった状態)が原因にある事も少なくありません。原因が椎間板ヘルニア以外の組織にあるのであれば、その原因に対して治療を行う事で症状の回復は可能です。

椎間板ヘルニアの痛みは『筋肉のバランスを整え骨盤や背骨のズレを正しい位置にもどせば、ほとんどの痛みは消失する』と考え治療を行っています。その結果、痛みが解消した方も多くいらっしゃいます。もちろん個人差はありますが、椎間板ヘルニアの症状が『治らない』とあきらめる必要はありません。
  その痛み当院にお任せ下さい。今までの椎間板ヘルニアに対する治療経験から最善の方法で治療を行い、症状からの早期回復のサポートをいたします。

 椎間板ヘルニアに手術は必要?

『椎間板ヘルニアが治るのは手術しかない』と考えている方が多くいらっしゃいます。これは正しいのでしょうか?当院の考え方を記載します。

椎間板ヘルニアは手術しなければ治りません。

 例えば、穴のあいた風船を閉じるのと同じで、手術によって突出したヘルニアを切り取るしかないからです。 しかし、手術はほとんどの症例で必要ないと考えています。

 なぜならば椎間板ヘルニア自体は治りませんが、痛みやしびれなどの症状は改善するからです。

 椎間板ヘルニアになった方のほとんどが、椎間板ヘルニアを治したいのではなくとりあえず『痛み』や『しびれ』を取りたいのではないでしょうか?この痛みやしびれが取れて、再発しなければ全く問題ないのではないでしょうか?それであれば手術は必要ありません。

痛みではなく、髄核が椎間板から出てしまった部分全てを治したいのであれば手術は必要です。 

 また、アメリカでの統計になりますが椎間板ヘルニアに対して手術を受けた7391人のうち、48%は脊柱の手術を受けた1年後に同じような兆候(腰痛・神経痛・またはその両方)が再発したという結果がでています。このように、再発率が高い手術がいいのかどうか疑問を感じます。これが当院が椎間板ヘルニアに対して手術は必要ないと考える理由でもあります。

この手術後の再発率が高い理由は、椎間板ヘルニアを手術で切除しても椎間板ヘルニアになってしまった生活習慣や、骨格のバランス・筋肉のバランスは改善していないからと考えています。このように考えていけば、椎間板ヘルニアの症状改善のためには、骨格や筋肉のバランス改善こそが最高の手段だと考え今日まで治療を行い結果を出してきました。

  しかし、どんなタイプの椎間板ヘルニアでも手術が必要ないというわけではありません。

『歩けない(5週間以上)』、『膀胱・直腸障害』、『症状が3か月以上全く改善しない』など強い症状が出ている場合は手術が必要と考えております。

これは、当院の椎間板ヘルニアに対しての考え方であり、この考え方が絶対正しいというものではありませんが当院では自信を持って治療しております。

このような方にお勧めです

ヘルニア治療はこのような方にお勧めです

椎間板ヘルニアの治療法

 鍼灸治療は痛みを軽減、筋肉の緩和作用が期待できる治療法です。椎間板ヘルニアによる痛みが強く表れているような場合には、この作用を利用して痛みの緩和を目指します。更に、痛みが強いときは炎症を伴っていることも多くアイシングを併用することもあります。

 椎間板ヘルニアによる炎症が治まり痛みが軽減した後には、防御反応として現れていた筋肉の過剰な拘縮に対しての治療を行います。これによって腰椎や骨盤の動きを正常に戻すとともに、筋肉性の疼痛緩和を目指します。

 椎間板ヘルニアに対する鍼灸治療は、発症からの期間や症状の程度によって異なります。あなた自身の状況に合わせて治療を行いますのでご安心ください。

 椎間板ヘルニアは、組織の損傷のため経験のある治療家にかからないと、かえって悪化させるケースもあります。椎間板ヘルニア治療は、経験豊富な当院へお任せ下さい!

当院で椎間板ヘルニア治療を受けるメリット

1.痛みの原因がわかります。
 椎間板ヘルニアと診断されたからと言って、その痛みが椎間板ヘルニアによって引き起こされているとは限りません。当院では椎間板ヘルニアの状況を分析し、今現在の痛みの原因を分析しわかりやすく説明します。あなた自身のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

オバマ大統領からいただいたGOLD AWARD2.世界に認められた実力
 2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
 2015年7月 国連機関WHFから顕彰を受賞
世界に認められた実力と自負しております。

3.アフターフォローが充実
 効果の維持と再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

4.スペシャリストによる椎間板ヘルニア治療
 当院では、全て体の構造を理解した医療系国家資格所持者が治療を行います。 今までの経験により、日々改善を行いながら椎間板ヘルニア治療を行っています。また、痛みを伴うような危険な方法は行いません。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら無資格で治療に類似する行為を行っている人がいるのが現状です。

5.全身のバランスを考慮した治療
 施術スタッフは、全て医療系国家資格所持者です。身体のバランスや運動機能などの専門家である為、1人1人の状態に合わせた矯正が可能です。

6.高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース整体などの院内研修を行っています。

当院は、治療に絶対的な自信を持っています。安心して、御来院ください。

椎間板ヘルニア治療料金charge

当院では、治療の目的を明確にし患者さんの早期社会復帰・日常生活動作の不自由のない生活を目指し徹底サポートいたします。

整体療法

椎間板ヘルニアの整体 整体療法では、SOTアクチベーターディバーシファイドの3種類の整体療法を行っています。
整体療法の目的は、骨盤や腰椎の骨格バランスを矯正していくことによって椎間板にかかる圧力を改善していきます。
椎間板ヘルニアの痛みを根本から改善していきたい方にお勧めの治療法です。
 腰椎・頸椎牽引機は、椎間板ヘルニアの症状改善にはなくてはならない治療法です。
施術費用  1回 5400円

鍼灸治療

椎間板ヘルニアの鍼治療 鍼灸治療では、慢性的な椎間板ヘルニアによって強い痛みやしびれ、また長期間に続く腰痛に対しての治療を行います。鍼灸治療の特徴は、痛みをやわらげるのには非常に効果的です。また、神経痛がある方にはお勧めの治療法です。
 当院で使用する鍼は、全て日本製の使い捨ての鍼を使用しています。その為、感染症などの危険性は一切ありません。ご安心ください
施術費用 1回 5400円

総合治療

 また、これらの治療法を組み合わせて行うことも可能です。お気軽にお問い合せ下さい。
症状をできるだけ早く治したいという方には、整体療法+鍼灸治療の総合治療をお勧めします。
総合治療施術料金 1回 8400円

 ※初診時には初診料が別途2160円必要です。
 ※院長希望の場合には別途1080円必要です。

当院にお寄せ頂いた質問の一部を記載します。

Q.どのような治療をしてくれるのですか?
A.基本的に絶対この治療をするというようなことはありません。お身体の状態を見て症状が改善する可能性の最も高い治療法を行います。また、この治療を受けたいというご希望があればお申し出ください。症状によってはご希望の治療方法を選択します。

.施術はどのような方が行われるのですか?
.当院では、全て医療系国家資格所持者による施術を行っています。詳しくは治療スタッフ紹介のページをご覧ください。治療担当にご希望がございましたら、お電話でご予約の際お申し出ください。

.椎間板ヘルニアの治療は痛いですか?
.基本的に椎間板ヘルニアの治療に痛みはほとんどありません。ご安心ください。

Q. 椎間板ヘルニアにコルセットはいいのですか?
A.  椎間板ヘルニアになった場合コルセットを使います。このコルセットの役割は腰回りに巻くことによって腹圧を高め腰部の動きを制限し椎間板にかかる圧力をなくし安定性を向上させ痛みを軽減させます。椎間板ヘルニアの急激な強い痛みが現れた直後の1〜2週間程度は安静第一なのでコルセットを巻き安定させます。しかし急激な強い痛みがひいた後もコルセットに頼っているとかえって身体に悪影響を及ぼします

 本来、コルセットの役割がもともと身体には備わっておりコルセットを使用し続けることでその役割を行っている組織が働かなくてもいい状況を作ってしまうからです。背骨や椎間板、その周辺の靭帯、筋肉などは歩いたり、走ったりすることによりおこる身体への衝撃を吸収する役割があります。しかし、日常生活で長期間コルセットを使用することにより、先ほどの部分に衝撃が少なくなるとその部分の退化がはじまります。例えば身体の骨や筋肉、靭帯などに衝撃や重力をかけないよう三日間、寝たきりの状態で横になっていると、骨や筋肉・靭帯などが退化しているために自力で立ち上がるのが困難となります。

これをコルセットに置き換えるとこれと同じことが起こります。コルセットの長期間の連続使用はそれを外したとき、弱くなった骨や筋肉、靭帯、椎間板などには絶えられないキツイ体重負荷がかかることになり痛みやシビレが発生します。

コルセットをつけるデメリット
・筋肉や骨の補強をするために、身体の支えを作るために強くしなければいけないはずの筋肉や骨が弱ってしまいます。
・腰の動きを制限することで、関節の動きが悪くなり、周囲の靭帯や筋肉が縮み硬くなります。

Q.出産後に椎間板ヘルニアになりますか? 
A. 産後に椎間板ヘルニアになる人がおられます。妊娠後期になると赤ちゃんを産むために産道確保するために骨盤は大きく緩んでしまいます。このため産後の骨盤は非常に柔かい状態になっています。
さらにお腹の中に重さ約3キロgの子供を抱えていたので腰も反っています。

産後は赤ちゃんのお世話をおんぶや抱っこしたまま家事など行っているといろんな無理な姿勢が多くなります。その結果、骨盤の関節である股関節や尾骨、仙骨、腸骨、恥骨などの関節の位置が無理な姿勢に耐えることができず身体の歪みが生じます。つまり柔かい状態の骨盤はその生活に合わせて徐々に歪みを作ってしまいます。この歪みが椎間板の圧力を増大させてしまい椎間板ヘルニアを発生させてしまうのです。 

骨盤を構成している各々の関節部分が緩んでしまい、土台となる骨盤が不安定になると身体のバランスが取れなくなり腰椎に負担がかかります。
これにより椎間板が圧迫されることで腰痛から膝や足に響く様な感じの痛みシビレなど、椎間板ヘルニアの症状が現れます。さらに出産で骨盤の周りについている筋肉が緩んでしまうため、身体を支える力がないのも原因の1つです。出産して間もない場合、妊娠中の歩き方や姿勢が癖になっていて、そのまま改善されていないことがほとんどです。その結果、体の歪みが椎間板への圧力を強めてしまい、椎間板ヘルニアが起こりやすくなります。

Q.子供も椎間板ヘルニアになりますか? 
A. 昔と比べると子どもたちが椎間板ヘルニアの子供が増大しています。その原因として猫背・身体の歪み・運動不足など子供の悪い生活習慣があるからです。特に子供の頃からの悪い姿勢は習慣化してしまいます。大人になって姿勢を改善しようとして頑張っても癖になってしまった筋肉の緊張や体の歪みなどは正しい姿勢に改善していくまでなかなか根気が必要になります。

 大人もそうですが子供も自分達の姿勢が悪いことに気付いていないのです。子供の頃から姿勢を意識することで椎間板ヘルニアを未然に防ぐことができるのです。子どもたちが姿勢を悪くする原因は、心理的と動作的、物質的な要因があります。

 まず心理的な要因としてあげるならば学校で人間関係がうまくいかずうつむき加減でいる子供や勉強をイヤイヤしている子供の姿を観ると、考えながら頬杖をつき体をくねらせ背中を丸くして前屈みになるといった姿勢が多くなります。これが長い時間続いてしまうとその姿勢に歪んでしまうのです。

 次に動作的な要因として子供の運動能力低下です。子供をとりまく周りの環境の影響からゲームやパソコンなどの知的な遊びにぼっとうしてしまい外で遊んで体を動かすことをせず運動不足になります。運動不足や体を使った遊びが不十分でも、姿勢不良は起こります。これは発育過程において体は急速に発育するが体を支える為の筋肉や靱帯の発達がこれに追いつかなくなりその結果、体を支えることができず不姿勢不良を招いてしまうのです。

 子供は野菜が嫌いな子が多いです。野菜に限らず最近、欧米化してきた日本の食生活は偏った食事バランスの爲、肥満に限らず筋肉の発達など健康に影響を及ぼします。誰でも好き嫌いはあるものですが子供の場合は発育段階なので栄養バランスよく食事を行い、骨や靭帯、筋肉などの健康的な発育を目指しましょう。

以上のような要因から不良姿勢が作られ、その結果椎間板に対する圧力が増大して椎間板ヘルニアを発症してしまうのです。もし子供さんの姿勢がおかしいなと思ったら椎間板ヘルニアになる前に姿勢の改善を早期に行うことをお勧めします。

.他の施術院との違いはどこですか?
.椎間板ヘルニアの治療を行っている多くの院が、治療というよりはマッサージを繰り返す方法をとっています。当院で行っている施術はマッサージが主体の治療法ではなく、根本的な身体のバランスを改善していく治療法です。

.保険は効きますか?
.申し訳ございませんが、椎間板ヘルニアの治療に保険の適応はできません。
整骨院での国で定められた健康保険の適応範囲は、ケガによる骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れとなっております。その他の症状に対しての健康保険の適応は法律により認められていません。

Q.整体院と整骨院の違いは?
A.整体院の開設には資格はなにも必要ありません。その為、ほとんど勉強しなくても開設できる状態です。
 整骨院は開業するのに国家資格が必要となります。その為、開業している全ての院に国家資格所持者が在籍しています。

Q.椎間板ヘルニアにハイヒールはよくないのですか?
A.ハイヒールは脚のラインがまっすぐ伸びて綺麗で格好がいいのですが、身体の歪みをつくってしまいます。身体の歪みからどこに負担がかかっているかというと、それは『腰』です。

ハイヒールで歩く時のきれいな歩き方としては膝を曲げずにまっすぐ脚を出します。これが良くないのです。ハイヒールを履いても普段と同じように膝を曲げて歩くのはごく普通のことです。それでは膝を曲げずにまっすぐ伸ばして綺麗に歩いている女性は膝の曲げない代わりにどこで膝の負担を調節しているのでしょうか?それが腰の部分になるのです。膝の負担を調節するため腰の反りが強くなります。

ハイヒールを履けば身体は前のめりになってしまいます。本来、足の重心の位置はつま先側と踵側で5:5の割合になっているのが正常です。4センチのヒールでは体重の約7割、9センチのヒールになると体重の約8割、10センチのヒールになると体重の約9割が指先に移動します。

つまり膝の角度を腰で調節しているため、ハイヒールの角度が大きくなればなるほど腰の反りが強くなるのです。腰には生理的な弯曲があり、それがクッションの役割をしています。そして膝も歩く時に曲げ伸ばしをすることによって地面からの衝撃をなくすクッションの役割もしています。ハイヒールを履くことにより腰の生理的な弯曲が崩れてしまい腰の反りが更に強くなってしまうため上半身の重たさが直接、腰の筋肉や骨盤・背骨にかかってきてしまいます。

体の歪みや筋肉が疲労状態になり、これらが慢性的に続くとなると椎間板ヘルニアを発症させます

.治療期間は?
.症状によって治療期間は様々です。
  治療間隔は、多くの場合で初期は週に1〜2回の治療です。

.予約が必要ですか?
.問診、治療の質の向上のため完全予約制で治療を行っています。ご来院の前にお電話でご予約をおとりいただくよう、お願いしております。

Q.症状は1回で改善されるの?
A.椎間板ヘルニアは慢性的な経過を持って起こります。そのため、症状の改善にも時間がかかることが多くあります。

.どれぐらいでよくなりますか?
.症状によって異なるため一概にどれくらいということはできません。

.治療時間はどれぐらいかかりますか?
.治療時間は30分前後です。ただし、初回のみ症状を把握するために問診のお時間をとりますので、もう少し時間がかかると考えてください。

.保険でマッサージはできますか?
.整骨院では、保険でマッサージというのが当たり前の様になっています。しかし、整骨院での保険の適応範囲は法律により上記した症状のみになっています。当たり前にように、保険でマッサージを繰り返している整骨院があるのも事実です。しかし、これは適当に捻挫や挫傷、打撲など病名をつけて請求するという、違法な不法請求という事になります。当院では、この様な患者さんに迷惑のかかるような違法請求は行っていません。

Q.家が遠方で通うことができません。治療院を選ぶときに気を付けることはありますか?
A .必ず必要なことは椎間板ヘルニアの知識がある先生の治療を受けることです。初診の時に、椎間板ヘルニアの状況説明がないような場合には注意が必要です。無口なのか?知識がないのか?
その他、高齢者が多く来院しているような治療院も要注意です。高齢者の対症療法と根本治療は全く領域が違います。高齢者に好まれるということは慰安要素が強い施術所の可能性が高いです。

 椎間板ヘルニア治療院の選び方

 椎間板ヘルニアの方にとって一番難しいのが治療院の選び方だと思います。そこで、治療院の選び方についての当院の考え方を記載します。参考にしてください。

 椎間板ヘルニアの症状についての説明を行ってくれる治療院をお勧めします。特に、『足がしびれる』、『腰が痛い』、『お尻が痛い』、等の症状をすぐに腰部椎間板ヘルニアと決めつけてしまう治療院が多くあります。ですが、これら1つ1つの症状が現れるのは椎間板ヘルニアだけではありません。発症後3カ月以上たつと、それぞれの症状に対して別の原因があることが多くあります。これらの説明を行ってくれる治療院を選びましょう。

 次に、治療法についてです。椎間板ヘルニアの症状を改善するためには何回も治療を受ける必要があります。ですが、その治療法があっていなければいつまでたっても症状は改善しません。特に多いのが、椎間板ヘルニアの方に対して、治療の代わりのマッサージをして終わり。その他の治療はほとんど行わないという治療院です。これは、実際治療を受けているように感じますが、治療になっていない事がほとんどです。多くの方が体感されているとは思いますが、マッサージを受けて2〜3日は症状が楽で、その後症状が戻ってくるこれの繰り返しになってしまいます。筋肉の状態が戻ってしまう原因は、骨格のゆがみがあるためと考えられます。マッサージだけで骨格のゆがみを矯正することは難しいと考えられます。
このような理由から、マッサージを繰り返すだけの治療院はお勧めできません

整体療法がご希望の方へ

今まで整体療法を受けていたという方が来られた時に『どのようなずれがあるといわれましたか?』とお尋ねさせていただいております。そうすると『ゆがみについての説明は受けていません。ただずれています。』と言われただけという事が頻繁にあります。

 整体療法を受ける前に、今現在の身体のゆがみはどのようなゆがみなのかをしっかりと説明してくれるところを選びましょう。

 また、これは絶対ではありませんが”背骨の骨格模型”のないようなところは注意が必要です。この背骨の骨格模型が、全身の骨格模型であれば信頼度の高い治療院と考える事が出来ます。参考にしてください。

 納得がいかない治療をされたときや説明を全然してくれないなどの時には他の治療院を探してみることをお勧めします。

国家資格の有無について

椎間板ヘルニアは、普通の腰痛とは異なります。椎間板ヘルニアの症状を改善するためには骨格を整えていくことが必要となります。骨格を矯正し変化させるためには専門知識を持った施術者が施術に当たる必要があります。そのため、国家資格を所持している施術者の施術を受けることをお勧めします

鍼灸について

鍼灸治療を受けたいと思われている方に治療院の選び方の説明です。

鍼灸治療に関して、鍼灸師の資格があれば治療ができると考えがちですがそんなことはありません。
 現在鍼灸の業界は、学校を卒業し国家試験に受かれば鍼灸の資格を取ることができます。しかし学校での研修のみで臨床経験が全くなく、患者さんに鍼灸治療を行ったことが1度もない鍼灸師がいるのも現実です。

 そのような中、一部の不勉強な者たちが、鍼灸治療を受けたいと治療に来た患者さんの身体に間違った治療をしてしまったり、治療院業界に不信感を抱かれる行為などをしたりしています。鍼灸治療の経験の有無などの確認することをお勧めします。

当院に、過去に他院で間違った治療をされ、不快な経験をした患者さんが来院することが多くあります。

 当院だけがプロの治療院ではありません。他にもプロの治療院はたくさんありますが、そうではない治療院が多いのも現状です。
 納得がいかない治療をされたときや説明を全然してくれないなどの時には他の治療院を探してみることをお勧めします。

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からの顕彰国連機関のWHFからの顕彰、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に体質の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00〜21:30 /

※日曜診療は8:30〜19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

【治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県

相談窓口〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL;06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニアの治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も椎間板ヘルニアの治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。