うつ病の投薬治療:セロトニン症候群本文へスキップ

セロトニン症候群

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

セロトニン増強に伴う副作用

セロトニンは、交感神経の神経伝達物質として重要な物質です。そして、体の中のセロトニンの90%は、胃や腸管に存在します。脳や脊髄にはアドレナリン濃度とほぼ同じぐらいのセロトニンが存在すると考えられています。セロトニンの受容体には4種類があり、5−HT〜5−HT7と分類され、さらに5−HT1は5−HT1A〜5−HT1Dの6つ、5−HT2A〜5−HT2Cの3つの亜型に分類されます。

セロトニンは胃や腸管の蠕動亢進などの消化器系、骨格筋や皮膚血管などの拡張、筋肉の硬直や振戦(律動的な震え)、末梢神経の痛覚過敏などの知覚、空腹や満腹などの摂食行動や、攻撃行動の抑制、理性的行動など、体の広範囲に作用することが知られています。

セロトニンの受容体
  • 5ーHT1A:主に中枢神経
    • 不安・うつに関係
  • 5ーHT1B
    • 末梢では血管に分布、片頭痛の病態にに関与する。
  • 5−HT1C=5−HT2C
  • 5ーHT1D
    • 中枢神経内にもっとも多く存在するサプタイプであり、片頭痛発作に関与
  • 5ーHT1E
    • 中枢:大脳皮質、5ーHT1Dに類似
  • 5ーHT1F
    • 機能:血漿蛋白の血管外漏出に関与している。
  • 5ーHT2
  • 5ーHT2A
    • 血管平滑筋、血小板、肺、中枢神経、消化管にある。
    • 機能は:血管収縮と血小板凝固、血小板からのセロトニン遊離に関連する。
  • 5ーHT2B
    • 主に末梢(脳にも存在)、ラツトの胃底部筋収縮
  • 5ーHT2C
    • 脈絡叢にも分布
    • 機能:摂食、自動運動
  • 5ーHT3
    • 機能:神経伝達物質放出、嘔吐、摂食、報償
  • 5ーHT4
    • 消化管でのアセチルコリン放出促進、消化管運動、嘔気に関与
  • 5HT5A、B、5HT6、5HT7 
  • セロトニン受容体は5−HT3を除いてすべてG−蛋白と結合した代謝型である

 代表的な副作用

○胃腸障害
セロトニン作用の増強によって、吐き気・嘔吐・下痢などの胃腸障害は高頻度に認められる症状です。これらの症状は腸管に分布する5−HT3受容体に関連しています。胃腸障害は三環系抗うつ薬よりもSSRIのほうが起こりやすい傾向があります。どれだけ服用するか量によって異なりますが、数週間で胃腸障害は改善することがほとんどです。

○中枢神経系の興奮
交感神経の興奮が起こるために不眠や、焦燥感などがSSRI服用の患者さんの10〜20%に認められます。また、SSRIによって、興奮作用ではなく鎮静作用が認められることもあります。

○セロトニン症候群
イライラ感セロトニン症候群の症状として、意識障害、発熱・発汗・下痢などの自律神経症状、精神的興奮、落ち着きのなさ、反射亢進、運動失調などの症状が認められます。セロトニン症候群が悪化すると、横紋筋の融解や腎不全、ショック症状が起こることもあります。

 セロトニン再取り込み阻害薬を含む薬

○三環系抗うつ薬
○四環系抗うつ薬
○SSRI
○SNRI
これらの薬剤は、パニック障害にも処方されることがあります。

 その他

パニック障害の方が、抗うつ薬を服用することによって必ずセロトニン増強による副作用が出るというわけではありません。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。